1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大物セレブが続々参戦!!『ビューティ・ブランド』が、ますます楽しみ

『KIMONO』というブランド名で批判を浴びた、『キム・カーダシアン』の補正下着。「SKIMS」と再命名し、ふたをあけてみれば、数分間で約2億2,000万円という驚異の売り上げを達成。『ビューティ・ブランド』に大物セレブが続々参戦。

更新日: 2019年09月13日

2 お気に入り 5890 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼『FLORENCE BY MILLS』

「私は10歳か11歳ぐらいからメイクアップの椅子に座り続けている
し、あらゆるタイプの商品を紹介されてきた」

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でブレイクした女優の
ミリー・ボビー・ブラウンは2019年8月、若干15歳にして超大型
コスメブランド「フローレンス バイ ミルズ(FLORENCE BY
MILLS)」をローンチ!

10代をメインターゲットとし、ミストやジェルアイマスクなどの
スキンケアをはじめ、ベースメイクやリップオイルなどメイクアップも
幅広くラインナップ。

▼10代にしてメイクを知り尽くした彼女が、『Z世代』に贈るコスメ

ターゲット層は、Z世代(2000~2010年生まれの世代、ジェネ
レーションZとも言います)で、クルエルティフリー(商品化の工程
で動物を傷付けたり殺したりしていない)な、ヴィーガン(動物由来
成分が入っていない)のスキンケア製品及びメイクアップ製品を
販売していくとのことです。

アメリカではアルタ・ビューティー(ULTA BEAUTY)、イギリス
ではブーツ(BOOTS)といった大手コスメショップで同ブランドの
アイテムを取り扱い予定で、価格も10ドル(約1100円)から34ドル
(約3600円)までと良心的な設定となっている。

▼『Thank U, Next』

2018年にリリースしたアルバム名『サンキュー、ネクスト』を、
米国特許商標庁に商標登録の申請を2019年4月頭に行っていたこと
が、『WWD』より明らかに。

目的はその名を冠した香水、ボディローション、バスジェル、
ボディスクラブ、ボディミストといったボディケア製品を含む
すべてのビューティプロダクトのローンチを視野に入れているから!

▼『本格的なビューティー・ライン』に向けて、始動?

昨年の11月にはアリアナにインスパイアされたという紫とピンクの
マーブル柄のバスボムがラッシュから発売、『ゴッド・イズ・ア・
ウーマン』のMVにも使用され話題となっていた。

これまでもアリアナは「ムーンライト」「スウィート・ライク・
キャンディー」「クラウド」といった名前の香水をリリースし、
売れ行きは好調。

また公式グッズでも「サンキュー、ネクスト」関連のものを販売
しており、これからは本格的にビューティー・ラインとして
美容グッズを発売していくのかもしれない。

▼『Stormiworld』『KylieBaby』『KYLIE SKIN』

カイリー・ジェンナーが、1歳5カ月になる娘ストーミ・ウェブ
スターちゃんにインスパイアされた子供服を発表するようだ。

「ストーミのアイテムの準備はいい?」とカイリーはインスタ
グラムのストーリーで、青と白のタイダイの赤ちゃん用プルオーバー
の写真を投稿した。

服には父親トラヴィス・スコットのアルバム『Astroworld』を
もじり『Stormiworld』の文字、そして雲、雷、雨粒、太陽が
プリントされている。

▼『カイリー・コスメティクス』で資産1000億の彼女の、更なる展開

またストーミちゃんの1歳の誕生日の直後に「Stormiworld」という
名称を商標登録、さらには「KylieBaby」も追加登録し、ベビーカー
、ボトル、ベビーベッドなど子供関連のアイテムにそそれらの名前を
使用する申請書を提出していた。

21歳にして史上最年少の億万長者にも選ばれたカイリーだが、最近
はカイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)の大成功を受け
て、新しくビューティーブランド、カイリー・スキン(KYLIE SKIN)
を設立するなど驀進中。

1 2