1. まとめトップ

【知ってほしい!】G7サミット安倍総理⇒国際的に高評価獲得@仏ビアリッツ

2019年8月にフランスで開催されたG7サミットでは、日本の安倍総理が存在感を示し、高い評価を得ていたことをご存じだろうか?

更新日: 2019年09月12日

1 お気に入り 1206 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国内では、安倍総理のG7サミットでの活躍ぶりが殆ど報道されていなかった。日本の代表としてしっかり外交を務められていたことを、是非知ってほしい。

■サミット開催地『ビアリッツ』

地図で見ると、ビアリッツは6角形のフランスの左下角の部分。スペインとの国境線に近い大西洋岸にあり、パリからは飛行機で約1時間半、列車で4~5時間の距離だ。

19世紀以来、王族貴族たちが静養するために集うことで知られ、高級感漂うフランスの代表的なリゾート地。現在はサーフィンの大会も開催されることから、サーファーたちにも有名な街。

■欧州メディアは、予想外の大成功と讃えている

参加首脳たちはイラン、貿易における緊張、不平等との闘いおよび気候変動といった地球規模の課題について討議した。

ヨーロッパのメディアはビアリッツ・サミットの予想外の大成功を讃えている

このところ、隙間風が吹いていると言われていたが、マクロンとトランプの関係はもともと良好だった。トランプが次期サミット議長として出席したサミット終了後の記者会見では、和気あいあいであった。通訳もなしでまったく2人だけでの会談も行われたとのことで、多くの問題が解決された。

サミット本体だけでなく、同時に行われた様々な2国間の首脳会談も含めて信じがたいほどの大成功だった。

■特にイラン問題に成果!その裏には安倍総理の力添えがあった!

「イラン核合意」を新たに結び直すような方向でアメリカの復帰を図ろうという方向になった

議論のなかで安倍首相の努力も評価することが忘れられず、
ヨーロッパのニュースでも
たびたびマクロンのイニシアティブと並んで取り上げられていた。

イランとアメリカの対話の仲介をマクロン大統領と安倍首相が尽力したことを、まったく報道していない、ということらしいです  G7サミット:空前の成功を理解しないNHKと朝日新聞 agora-web.jp/archives/20411…

G7サミット:空前の成功を理解しないNHKと朝日新聞 agora-web.jp/archives/20411… アゴラとアエラで見間違えそうになりますが、 G7は上手くいったと理解できますし、 安倍総理が正しく動いて評価されている様子。 日本のメディアがもう狂っている

■日本はG20大阪サミットのホストとして繋ぐ重要な役割

世界では対立ばかりが強調されがちな中にあって、共通点や一致点を見いだしていく。

日本ならではのアプローチで、この大阪サミットでは、世界の様々な課題に対し、G20が一致団結して力強いメッセージを出す。

そして、具体的な行動へと移していく大きなきっかけにすることができました。

2019年6月開催:G20@日本(大阪)
 ⇒8月開催:G7@フランス(ビアリッツ)

6月に大阪で開いた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の議長として、G7サミットでも緊密に連携する方針を伝えた。

1 2