1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Leadって?

谷内伸也、古屋敬多、鍵本輝からなるダンスボーカルユニット。終始踊り続ける持久力とシンクロ率の高いキレのあるダンスが魅力の実力派ダンスボーカルユニット。
事務所は、DA PUMP、三浦大知、w-inds.など、ダンスの実力で人気なアーティスト達が所属する"ライジングプロダクション"。

そんな彼らのダンスはプロのダンサー達に絶賛される勢い!

必見!ダンスに焦点を当てたコレオ動画まとめ♡

Lead 27th Single「トーキョーフィーバー」(2017.3.8発売)収録
「Gimme a call」(Lyrics by 鍵本輝)
Dance Rehersal ver.

31作目のシングル「Summer Vacation」2019年7月24日リリース!
Leadの新たなサマー・アンセムとなる1枚が完成!

歌詞になぞらえて随所に夏の風物詩が散りばめられたダンスと
激しいフォーメーションチェンジにも注目!

2015年11月25日発売

*TBS系テレビ「スーパーサッカー」
毎週金曜深夜25:25~25:55(BS-TBS 毎週金曜23:00〜放送)
2015年10・11月度エンディングテーマ

2017年3月8日発売 New Single「トーキョーフィーバー」は、ストリート出身の彼らの原点回帰とも言えるどこか懐かしくも新しい、中毒性抜群のヒップホップパーティーチューン。

23rd Single「サクラ」
2014.2.26 Release

ストリングスが印象的な春にぴったりの爽快感溢れるナンバー『サクラ』を、2014年の第1弾シングルとして2月26日にリリースすることが決定しました。せつなさ、寂しさ、不安、期待...どんな想いも全部一緒にそっと背中を押す、出会いと別れの季節にLeadが贈る"頑張る人"への応援歌になっています。

【サディスティックな中毒性に注意!挑発的すぎるLead新作MV!】
8th Album「MILESTONE」リード曲「Love or Love?」は、疾走感溢れるメロディと畳み掛ける歌詞が中毒性抜群なうえ、どこかサディスティックさを秘めた楽曲。
高いダンススキルを存分に発揮しているダンスシーンでは、Love=ハートが割れて牙になる"毒牙ポーズ"で挑発し、
さらに!まるで映画のワンシーンかと錯覚させるような妖艶かつサディスティックなビジュアルが、楽曲の世界観をより膨らませている。
病みつきになる事間違い無し!

Lead「Backpack」-Choreo Video-
from 8th Album「MILESTONE」

楽曲の開放的なイメージにぴったりな沖縄の空と海に囲まれたロケーションで
ステージ上とはまた違う雰囲気のダンスと、織り交ぜられた沖縄旅のオフショット映像も合わせてお楽しみください。

Choreograph by SUN-CHANG
Dancer:Kyo / SUN-CHANG / Daiki
&Lead

★フジテレビ「なりゆき街道旅」[毎週日曜正午]エンディングテーマ

Lead15周年・第2弾シングル「Bumblebee」は
初々しい男女の恋模様をBumblebee(=マルハナバチ)と美しい花の関係になぞらえて描いた、まさに春に聴きたいハナやかでダンサブルな楽曲!

24枚目のシングルは、Leadらしい恋のロックンロールダンスチューン。
思わず一緒に歌って踊りたくなるナンバーで、この夏のライブ・イベントでも盛り上がれること間違いなし!

15周年イヤーの始まりを飾るニューシングル「Beautiful Day」は、ダンスボーカルグループとしてLeadが歩んできた道、そしてこれから向かう未来への前向きな気持ちを表現した楽曲。
メンバー自ら作詞を手掛け、彼らの経験をもとに、いくつもの想い、苦悩、そして支えてくれた人達への感謝を彼らなりのメッセージとして盛り込み、次なる大きなステップへ向けての決意を表現しています。

ー キミがいたから 僕は強くなれた -
たったひとりの大切なあなたへ。
素直に伝えたい想いと溢れるほどの優しさを詰め込んだ
Leadが贈る、心温まるラブソング『My One』

新曲『My One』はバッハの「G線上のアリア」をサンプリング。
耳馴染みの良いサウンドに乗せて、飾らせた言葉は一切使わないストレートなラブソングに仕上がっている。
”音がなくても歌詞や世界観が伝わるダンス”をテーマに、ひとつひとつの振りに意味を持たせた、まるで手話のような温かいダンスにも注目。

日本テレビ系
「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」
2-3月エンディングテーマ

そんな彼の所属する事務所「ライジングプロダクション」のアーティスト達は圧倒的スキルを誇る実力派揃い!

1990年代、安室奈美恵(2015年に移籍)やMAX、SPEED、DA PUMPなど“歌って踊る沖縄出身アーティスト“がブレイクしたライジングプロダクション。84年デビューの荻野目洋子から始まり、一貫して“歌って踊る”アーティストを輩出してきた芸能事務所だ。2000年代に入り失速気味な傾向もあったが、昨年、荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」、無音ダンスの三浦大知、そして昨今“ダサかっこいい”と話題のDA PUMPと“再ブレイク”が相次いでいる。それらのアーティストはいずれもデビューから20年以上のベテランたちだ。音楽シーンにもたらしたムーブメントは、地道に“歌って踊る”カテゴリーを守り続けているライジングの功績と言えるだろう。

まとめ

いかがでしたか?
ダンサーと一緒に踊る、ダンスに焦点を当てたコレオビデオがこれだけ揃うって凄いですよね!ダンススキルがダンサー同等だからこそ、堂々とダンスだけの動画を公開出来るんだなーって思います。

事務所の先輩をみても、DA PUMP、w-inds.、三浦大知と、ダンス&歌の実力で活躍しているアーティストが沢山いるし、Leadが実力派なのも納得!
これからもっと、先輩達に続いて活躍して欲しいですね(●´ω`●)

1