1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

3人に1人が効果を実感!「スマホの若返り効果」が凄いみたい

シニアの3人に1人がスマホによる若返りの効果を実感しているようです。

更新日: 2019年09月12日

15 お気に入り 27064 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

レノボ・ジャパンの発表を基に作成しています。

■スマホの使用は色々とネガティブな発表がなされていた

「30代、40代でも、脳が疲れて、物忘れやボンヤリする人がここ10年で増えました」と語る。スマホを使う時間が長すぎると、脳の血流が滞り、認知症と似た状況になる

「スマホ」から日々膨大な量の情報が脳に入ることで、記憶中枢にオーバーフローが生じ、いわゆる「脳過労」となって情報の処理能力が低下した結果、日常生活で「もの忘れ」や「うっかりミス」が多発

中国の中学生を対象にした研究で、スマホ依存の生徒が高血圧になりやすいのではないかという論文が出た

■一方でこんなニュースも!なんと高齢者の3人に1人が「若返り」を実感

調査は日本をはじめ米国、メキシコ、ブラジル、中国など世界10カ国の1万5000人以上を対象に、今年の3月から4月にかけて実施

触れていることで「若返る」と回答し、情報弱者と思われがちなシニア層の日常生活を、テクノロジーが活気づけていることが明らかに

■「交流や知識の深まり」によって若返りを実感

日本での調査対象者の半数以上に当たる52%が、テクノロジーによって遠くに住む家族や友人と連絡を取り合うのが容易になったと回答し、また69%がテクノロジーにより知識が深まっていると回答

情報弱者と思われがちなシニア層の日常生活をテクノロジーが活気づけていることが明らかになった。実年齢より何歳若返った気分を味わえるかという問いには、平均15歳という結果が得られた。

中年世代の脳の若返りについては、イギリスだけでなく、ドイツのテストでも同様の結果が出ています。脳は使えば使うほど、発達するもの

■このようにシニアには若返り、一方で子供には背伸びした感覚を与える

日本では、シニア層にはより若々しい、若者にはちょっぴり背伸びした感覚を、テクノロジーが与えてくれています

日本の「Z世代」(本調査では18-23歳をZ世代と定義)では、テクノロジーのおかげで実年齢より大人になった気分を感じているとする回答者の比率が34%

さらに、実年齢より何歳大人びた気分かと訊ねたところ、日本の回答者からは平均6歳という結果が得られ、いずれも1歳を下回った他の国々と比較して著しく高い数値

■この結果は興味深い

スマホ、ようやくシニアへも一気に広がりそうな空気がありますよね。どんどん若返ってほしい。 日本の74歳以上、3人に1人が「スマホのおかげで若返った気分」 平均15歳の若返り実感【レノボ調査】 markezine.jp/article/detail…

74歳以上のシニア、3人に1人が「スマホのおかげで若返る」=レノボ調べ= | ICT教育ニュース いいデータ。 どんなアプリ使ってると効果的か分かるといいな。 ict-enews.net/2019/09/12leno…

おばあちゃんSNOW大好きだしらくらくスマホのデータフォルダにおばあちゃんの自撮りめっちゃあって若すぎ

■若返るといえば「若返りの酵素」が発見?

高齢のマウス2匹を使い、一方のマウスにのみeNAMPTを3ヵ月与え続けるという実験をしたところ、eNAMPTを与えたマウスはもう一方のマウスに比べ、寿命が16%アップした

ワシントン大医学部教授で同機構の客員上席研究員である今井眞一郎氏によると、人の血液中を流れる酵素「eNAMPT」がそのカギだという。

1 2