1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

戦国時代の女性

この時代には既に花嫁修業があり、「礼法」「歌学」「茶道」「書道」「芸事」などの教養を積み、嫁ぎ先にその免状を持参するというのが習わし

近親同士の結婚は禁止とされていましたが、この頃は武家でも庶民の間でも行われておりました。

女性は結婚しても他の男性と関係を持つことは普通にあったようで、「望まない妊娠」というのもあり、中絶が頻回に行われていた

当時のお祭り

祭りの夜はセックスには絶好の機会でした。祭りもたけなわになると、年頃の男女が茂みに姿を消すことも多くありました。

日本人にとって祭りは、オープンにセックスをしていい場でした。郡上踊りなどかつての盆踊りでは、夫がいる女性であっても他の男とのセックスが許された

武家の女性は?

婚姻は一夫多妻で、優秀な子孫を残し家を存続させることが絶対条件とされていました

身分の高い者ほどその傾向は強く、戦国大名ともなると政略結婚が当たり前だった

稀に男性が一目ぼれして結婚というのもありましたが、この場合でも女性の自由はなく、意中の相手ではなくても結婚しなければならなかった

政略結婚で嫁いで行った姫君たちは、新しく入った先の内情を故郷に伝えるスパイの役割も担っていたといいます

実はロリコンだらけ?

織田信長は、「まむしの道三」として有名な斉藤道三の娘”帰梗(濃姫)”と結婚。当時、信長が15歳で帰梗(濃姫)は10歳(15歳という説もある)

豊臣秀吉の場合は、秀吉が26歳で、後の北政所こと、ねね(「おね」とも言う)14歳。

ロリコンより、男色

ホモセクシュアルにはるかに寛容であったことが挙げられます。当時はホモセックスは「衆道」と呼ばれており、両刀使いの戦国大名は珍しくありませんでした。

小姓にのめり込む大名も少なからず存在しました。織田信長と森蘭丸はその代表例で、徳川家康と井伊直政、武田信玄と高坂昌信などのカップルが知られています。

武田信玄や伊達政宗など、武将の身の回りの世話をする小姓に宛てた恋文などが発見されており、その内容はたいへんお熱いものでした

名だたる戦国大名で美少年に関心がなかったのは、大の女好きの豊臣秀吉ぐらいのもんだろう

むしろ熟女が人気!

処女がいいとか、年下のお嬢様がいいとか言うな。むしろ未亡人や年上こそが大名の妻にはふさわしい

成り上がりの秀吉は、戦争や政治については長けていても、女についてはそんな高貴な教育は受けていない。出世すればするほど、格上の女性が欲しくなっていった。

中には純愛も?

1 2