スバルがアメリカ合衆国で販売記録をどんどん更新している理由は、「安全性」と「信頼性」を両立している、乗り換え比率が確実に増えている、四輪駆動及び走行安定性が優れていることが当てはまり、売れ行きが好調になったのは2008年以降からで、2019年3月ではとうとう71万台を記録した。ちなみに現地のディーラーからは、「待望のモデル」「これなら売れる」と太鼓判が押され、これからもスバルのSUVはアメリカで展開する見込みが高いとみなされている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アメリカ合衆国で展開しているスバルのSUVは現地で求められる迫力がある

独自の技術を生かしているスバルのSUVは、日本国内だけにとどまらずアメリカ市場でもなかなか好評で、常に最高記録を更新している。

このまとめを見る