1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『無限の住人』だけじゃない!「沙村広明」のおすすめマンガ

2019年10月期秋アニメ『無限の住人-IMMORTAL-』の原作者「沙村広明」のおすすめマンガ7作品。『ブラッドハーレーの馬車』、『ハルシオン・ランチ』、『幻想ギネコクラシー』、『春風のスネグラチカ』、『ベアゲルター』、『波よ聞いてくれ』。

更新日: 2019年09月17日

14 お気に入り 6431 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『無限の住人』

父を殺し、母を攫った剣客集団『逸刀流』に復讐を誓う少女・浅野凜は、「百人斬り」の異名を持ち、己の身体に血仙蟲という虫を寄生させることで不死の肉体を持った剣士・万次を用心棒として雇い、逸刀流の統主である宿敵・天津影久を追う旅を始める――。

無限の住人、ほんと傑作だし作品の圧がすごいんだけれど周囲に読んだ人がいないから寂しい 布教しようにも全30巻は敬遠されるし… 実写版映画は見てません

無限の住人(沙村広明) ケレン味だけで構成されたネオ時代劇。 不死身の侍がハッタリしかない武器を操り剣豪と死闘を繰り広げる様を最高の描写で描き切った傑作漫画。 何気にアニメ化と舞台化をやり遂げ、今年からスピンオフ漫画と再アニメ化が発表と今なお熱い作品。 実写化はなかった、いいね?

◆『ブラッドハーレーの馬車』

資産家・ブラッドハレー家の養女になることが、孤児院の少女たちの憧れだった。ブラッドハーレー聖公女歌劇団で華々しく活躍する……そんな期待に胸を膨らませた少女たちがたどり着いた先は、暗い暗い塀の中。恐ろしく壮絶な悪夢が始まる――。

沙村広明先生のブラッドハーレーの馬車という作品が余りにも素晴らしい。やはり傑作とは人の人生が如何に残酷で救いの無いものか丁寧に何度も語り続けるものなのではないか。

「ファニーゲーム」や「ブラッドハーレーの馬車」は人にオススメしにくい傑作。 下手をすると人格や性癖まで疑われる。

◆『ハルシオン・ランチ』

突然現れたおかしな美少女ヒヨスは、ヤンキーの男二人も一瞬で食べてしまった!吐き出せば元に戻せるというので吐き出してみると、リヤカーとカバンと魚と人間が融合したクリーチャー(怪物)が誕生してしまった!

ハルシオン・ランチ https://t.co/JRLT8QvsO1 https://t.co/JNokQ4aXmY 沙村広明の超傑作SF。腹ペコ女子、渋いおっさん、駄目男にばかり惚れる女、とかなり隙のない布陣。そして嘔吐。圧倒的画力とテンポの良いギャグに油断してたら見事な完結。 pic.twitter.com/HpKQJIpcxU

『ハルシオン・ランチ』はキレッキレのギャグと序盤からは想像つかないSFマインドあふれる後半の展開が高い密度で融合した傑作なんやで〜(適当)

◆『幻想ギネコクラシー』

奇想天外空前絶後前代未聞な報われず救われないどうにもこうにもな物語が長短計12本。沙村広明史上サイコ─の眼つきが悪い美女満載これでもか!なコミックス。

今日は漫画編集者の人と話できた。 沙村広明の「幻想ギネコクラシー」の切れ味の話題で盛り上がった。本作は俺の沙村イメージを「短編でこそ本領を発揮する異才」に書き換えた傑作。 #リアルで共通の話題になりにくい作品なので嬉しかった #全話が傑作という訳ではないけど些事といえる

沙村広明先生の最高傑作は幻想ギネコクラシーなのでは

◆『ベアゲルター』

3匹の獣(めす)が牙を剥き合う、おんなの修羅場!!――中国の売春街で起きた謎の殺人。それはやがて、日本の某・広域暴力団内部での現金盗難事件と結びつき、とある辺境の孤島にて、予期せぬ火花となり炸裂する!!

沙村広明の『ベアゲルター』、『無限の住人』を凌ぎかねない傑作なのに掲載誌が潰れて移籍したりで知名度が低いのが切ない。

アマゾンから注文してた。波よ聞いてくれ3巻とベアゲルター3巻が届いた。沙村氏の振り幅が凄すぎる…。かたやバイオレンス、かたやラジオ業界のほのぼの?ストーリーだし…どちらも傑作なんだなぁ。

◆『春風のスネグラチカ』

1933年、ソビエト連邦カレリア自治共和国。とある別荘の管理人であるイリヤ・エヴゲーニヴィチ・ブイコフは、車椅子の少女・ビエールカと物言わぬ従者・シシェノークに出会い、奇妙な賭を申し込まれる。互いだけを頼りに生きる二人が背負う、密かな宿命とは――。

『春風のスネグラチカ』 沙村広明の最高傑作か…なんなのコレ!積読してないでさっさと読めば良かった! 綿密な時代考証と画力、シナリオの巧さでグイグイ引き込まれる。ロシア史に精通などしていなくとも十分面白める。1冊の読み物として実に秀逸 pic.twitter.com/vQyd92I9Sf

沙村先生の本気で恐ろしいところはふざけてもふざけてなくても傑作が描けてしまうところ(最近なら『春風のスネグラチカ』は一巻完結漫画の御手本のような完成度の高さなので読んで読んで) twitter.com/dani_heiwa/sta…

1 2