1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

生命も存在!?約110光年先の惑星で「水蒸気」を検出

液体の水があれば生命が存在する可能性も…凄い発見ですね!

更新日: 2019年09月13日

7 お気に入り 9619 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■地球から約110光年離れた惑星の大気中から「水蒸気」を検出!

ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジの研究チームは11日、「太陽系外惑星の大気中から初めて水蒸気を検出した」と発表した。

■詳細

惑星の名前は「K2-18b」

NEW DISCOVERY: NASA’s Hubble Telescope found water vapor in the atmosphere of exoplanet K2-18b. The agency says it’s now the only known exoplanet to host both water and temperatures capable of supporting life pic.twitter.com/Y1lUFsBeas

水蒸気が確認されたのは、ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある「K2-18b」という惑星。

地球から約110光年離れたしし座内の赤色矮星の周りを公転し、大きさは地球の約2倍、質量は約8倍。

ケプラー宇宙望遠鏡が発見した数百個の「スーパーアース(巨大地球型惑星)」の一つで、2015年に発見された。

スーパーアース…主成分が岩石や金属などで、大気があれば液体の水も存在する可能性があると考えられている惑星

大気中にまぎれもない「水蒸気の痕跡」を確認

論文によると、2016年と2017年にハッブル宇宙望遠鏡が収集した分光データを基に、K2-18bの大気を通過した星の光をオープンソースのアルゴリズムを用いて分析。

水蒸気の正確な量は明らかではないが、コンピューターモデリングでは濃度が0.1~50%であることが示されたという。

論文は英科学誌「ネイチャー・アストロノミー」に掲載

■これまで地球は「特別な惑星」と考えられてきた

生命が誕生するためには、「液体の水」、「有機物」、「生きていくためのエネルギー源」が必要。

過去には、別の複数の惑星で水が検出されたものの、生命を維持するには惑星が大きすぎる、あるいは高温すぎるという結論に至った。

恒星と適度な距離にあり、酸素や水、オゾン層などが存在する地球こそ、むしろ「宇宙における変わり者」とも言える。

■でも地球は特別ではない!?

研究チームによると、現段階では未検出ながら「窒素やメタンなどの分子も存在する可能性もある」とのこと。

生命の痕跡を探す取り組みにおいて「この惑星は太陽系外で見つかっている中では最有力候補だ」と説明している。

中心星は赤色矮星か…。やっぱりいつかはG型星(太陽型星)のまわりこういう惑星が見つかってほしいですね。さて、仮に水蒸気濃度が50 %だとすると、どんな世界が広がっているのだろう…? ー地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認 afpbb.com/articles/-/324…

やばいやばいやばいやばい これあと酸素とかメタンあれば110光年なんて近くにあるから宇宙に生命が文字通り星の数だけ居る可能性が高いことになる やばい()ジェイムズウェッブ早くしろください() twitter.com/afpbbcom/statu…

地球から110光年だそうです。最も遠くにある人工物のボイジャーは地球を飛び立って40年。16km/秒で進んで180億キロの彼方。それでも1光年の0.2% 1光年の彼方へ行くのに40年x500で2万年。この星に行くにはさらに110かけて220万年。宇宙やばい 大気中に水蒸気を含む「生存可能な星」を初めて発見 twitter.com/ajitjohnson_n/…

110光年は即ち「光の速度を持ってしても110年かかる距離」であるが、天文沼の人間からすると「おっ、結構近いやん」となる。

■大気の詳細を知るにはさらなる観測が必要

唯一の調査手段となるのが次世代宇宙望遠鏡

1 2