1. まとめトップ

スマホ「ながら運転」は厳罰だ!はて、範囲は?

車は運転者によっては凶器にもなります。凶器を操作しているという自覚が必要です。

更新日: 2019年09月14日

1 お気に入り 528 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

車は運転者によっては凶器にもなります。凶器を操作しているという自覚が必要です。

m.satoakiさん

スマホを手にして運転するのは控えたほうがよい

政府は13日、スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を約3倍に引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化した改正道交法の施行令を閣議決定した。施行は12月1日。

12月1日より施行予定の改正道交法では、スマホの「ながら運転」に対する行政処分が厳罰化されることとなった。

運転中にスマホなどを使用し、交通の危険を生じさせる「携帯電話使用(交通の危険)」は、これまで違反点数2点だったところ、改正後は違反点数6点になり即免許停止に。

また、「交通反則通告制度」いわゆる青キップの適用により9000円の反則金で済んだところが、改正後はこの適用から除外され、刑事手続きに移行することとなる。

運転中にスマホなどを使用する「携帯電話使用等(保持)」も、改正前は違反点数1点から改正後は3点に引き上げられた。反則金も、改正前の6000円から改正後の1万8000円に引き上げられた。

「ながら運転」厳罰化。 「保持」の反則金は 「大型車」7000円→2万5000円 「普通車」6000円→1万8000円 「二輪車」6000円→1万5000円 「原付車」5000円→1万2000円 違反を繰り返すと「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」の罰則が適用される可能性があります。 mainichi.jp/articles/20190…

「ながら運転」の定義

「ながら運転」とは、運転に関係のない行為をしながら運転をすることです。運転中の不注意行動全般を指すため脇見運転も含まれますが、昨今はとくにスマートフォン操作をしながらの運転に関する注意喚起が広がっています。

スマートフォンやカーナビを操作するのはもちろんのこと、画面を注視したりチェックしたりするのも、ながら運転に含まれます。

どこからが罰則になるのか?

「ながら運転」は基本的に走行中に適用されます。道路交通法にも「自動車等が停止しているときを除き」と記載されています。信号待ちであっても、車がしっかりと停車している状態であれば「ながら運転」として検挙されることはありません。

しかし、信号が青になっても進まなかったり、焦って急発進をしたりすると「安全運転義務違反」として何らかの罰則を受けることになるかもしれません。

走行中の通話はもちろんアウト。

カーナビやナビ用に取り付けたスマホの画面を注視するのもアウトです。

注視ってなんだという感じですが、それは検挙する警察官の解釈によって変わってきてしまいます。警察官によっては、注視していない場合でも取り締まろうとしてくるみたいです。

具体的な動作の例

・停車中のスマートフォンの操作はOK
道路交通法上は「当該自動車等が停止しているときを除き」と定義されています。
なので、信号待ちなど車が停止している時にはスマートフォンを利用することは法律上セーフ

・ハンズフリーでの利用はOK
通話に関しては「その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る」と書かれています。
そのため、手で携帯電話を持たなければ通話はOK

・画面を注視しない
スマートフォン・カーナビについては運転中は「表示された画像を注視しないこと」と書かれています。

これは運転中にスマートフォンやカーナビを操作することを禁止するための定義となります。

「注視」とはスマートフォンの画面を見続けることとなりますが、具体的な秒数などどこからが注視となるかは法律上は明確に定義はされていないようです。

「ハンズフリー」は注意が必要

ハンズフリーでの通話は、警察が「違反ではない」という見解を示しているのに、一部の都道府県では条例で禁止しています。

見解が異なるサイトもあります

違反行為の範囲は?
道路交通法では、簡単にいうと運転中に携帯電話で通話すること、画面を注視することを違反行為としています。
運転中に携帯電話の一部を手で持ち、ほんの少しだけメールやLINEをチェックすることも、アウト

・信号待ちでのスマホ操作
警察は「信号待ちで携帯電話を操作することは違反ではない。信号が変わったらすぐ操作を中断してください」という見解を示しています。

ところが、取り締まりの現場では「いつ信号が変わるかわからないので、すぐ発進できる準備が必要であり、完全な停止とはいえない」と、取り締まりの対象としているようです。

信号が変わったあとはもちろん、信号が変わる前でも現状の取り締まりでは違反の可能性が高い

・カーナビの操作も違反になる
道路交通法では、「自動車に取り付けられた画像表示用装置」の画像を注視することも違反で、当然カーナビも当てはまります。

ただ、「カーナビを操作してはいけない」とは法律にはありませんが、目的地の設定など、画面を注視しないとできない複雑な操作は、結局違反となる

警察庁のサイトも参考に

いいことだ スマホ見ながら運転してるやつは一発で免停にすべき

この前歩いていた時、園児がよく通る小さな交差点で、横切る運転手が2秒間ぐらい携帯だけを見て真っ直ぐ進んでました。仮に30km/hだったとしても、その2秒間で約16mも進みます。引いてからでは遅い。被害者にも加害者にもならない交通安全な社会を。#携帯 #ながら運転 やめましょう!

こないだ台風の時に通勤のためにバス使って、渋滞の国道通ってたけど、隣の斜線の車に目をやると、結果な数でながら運転してる人いた。これで事故とか起こされたら、たまったもんじゃない!どんどん取り締まるべきだわ。 twitter.com/YahooNewsTopic…

ながら運転規制するなら 走行中のテレビと運転席のカーテンも規制してくれよ

昨日タクシーの運転手もスマホ耳に当ててた。今どきスピーカーもあるだろうに、プロの自覚が・・・ 「ながら運転」を厳罰化へ 違反点数と反則金を約3倍に引き上げ #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

1