1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『あなたの番です』奈緒の初主演作も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)6作品のまとめ。『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』、『ハルカの陶』、『男はつらいよ お帰り 寅さん』、『mellow』、『嘘八百 京町ロワイヤル』、『ロマンスドール』。

更新日: 2019年10月21日

2 お気に入り 4483 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ハルカの陶』(11月30日公開)

備前焼を題材にしたディスク・ふらいの原作、西崎泰正の作画によるコミックが原作のヒューマンドラマ。

東京で日々を無為に過ごしていたOL・小山はるかは、ある日、備前焼の大皿に一目惚れし、作者の若竹修に会うため備前市を訪れる。やがて若竹のもとで陶芸の修行を始めたはるかは、備前の人々がものづくりに向き合う姿や、広大で美しい自然に触れて変わっていく。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」や、TVドラマ「あなたの番です」への出演で知られる奈緒がはるか役にキャスティングされ、映画初主演を務める。そのほかキャスト陣には平山浩行、村上淳、笹野高史らが集った。

予告編は、備前市を訪ねたはるかが修の作陶を目の当たりにし、人の手によって土が形作られていく様に釘付けになるシーンから始まる。

感動を抑えきれず「弟子にしてください!」と真っすぐな瞳で懇願するはるか。主人公を取り巻く個性豊かなキャラクターたちも登場する。

本物の窯を使った迫力ある窯焚きの映像や、奈緒さんのキラキラとした演技が映し出された予告編が完成となっている。

◆『男はつらいよ お帰り 寅さん』(12月27日公開)

山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。97年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりに製作された。

車寅次郎のおいの満男と初恋の人イズミが再会する物語が描かれる。

『ALWAYS』シリーズなどの吉岡秀隆が満男を演じ、主題歌を「サザンオールスターズ」の桑田佳祐が歌う。イズミ役の後藤久美子のほか、倍賞千恵子、前田吟、浅丘ルリ子らが共演している。

予告編の冒頭では、若き日のさくらと博が寅さんを囲み、談笑している過去のシーンが活写され、懐かしさに胸が締めつけられる。

そして現代へと時は移り、小説家となった満男は、結婚の約束までした初恋の人・イズミと再会する。様々な葛藤に囚われ、思い悩む満男が思い浮かべるのは、いつも自分の味方でいてくれた寅さん――。

予告編の最後に「困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ」という寅さんの言葉が使用されている。

◆『mellow』(2020年1月17日公開)

田中圭が『愛がなんだ』の今泉力哉監督のもと主演する恋愛群像エンターテインメント。

オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、さまざまな恋愛模様を描いた作品。今泉がオリジナルの“不器用な片想い”の物語を書き下ろした。

田中は穏やかに暮らす花屋の店主・夏目誠一役で出演。ドラマ「パーフェクトワールド」の岡崎紗絵が父から受け継いだラーメン屋を営む木帆に扮する。志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、SUMIRE、山下健二郎、ともさかりえ、小市慢太郎もキャストに名を連ねた。

解禁となった特報映像では、花屋の中でバラを一輪一輪、丁寧にラッピングする田中さんの静寂のシーンに、“不器用な片想いたちの物語。”というコピー。

田中、岡崎、志田、松木、白鳥らが演じる女性たちの姿に「好きでした」「好きなんだよね」「好きです」の声がかぶさる。

1 2