1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

スコッチのシングルモルトをソーダ割にするのはもったいないなどという意見もありますが、個人的にはこんなにおいしいソーダ割を飲まない方がもったいないと思います。ということでソーダ割におすすめのシングルモルトを紹介します。

miya1224さん

グレンリベット12年

すべてのシングルモルトの原点、ザ・グレンリベット。ザ・グレンリベット12年の繊細かつ複雑な特徴は、ポットスチルの高さと幅に由来するものです。また、ザ・グレンリベットのマザーウォーターであるジョージーの湧水から得られるミネラル分豊富な水により、ザ・グレンリベット12年を特徴づけるフレーバーを形成するマッシングと発酵の工程で、最高の結果が保証されます。

炭酸水に最もよく合うスコッチは、グレンリベット12年だと思う。スコッチを濃くしても無論よいし、薄くしても香りは失せず、心地よいソーダ水になる。氷にこだわるのもよい。淡い黄金色の愉悦。

【飲み干しました】グレンリベット12年。シングルモルトスコッチウイスキー。ライトでクリーンな味わい、飲みやすく初心者にもオススメ。ソーダ割りでスカッと飲むのが好み。 pic.twitter.com/LeRkIhSJ2y

ベンロマック10年

上質なスコットランド産の大麦と湧水を使用し、経験豊かな3人のディスティラー
が造るベンロマック。
オフィシャルスタンダードの10年物とは到底思えないほどの熟成感、
ピートとスモーク、シェリー樽の影響もしっかりと感じられます。

ベンロマック10年のハイボールが旨いことは、声を大にして言いたい。 pic.twitter.com/uGbAfgVvrA

『君はまだハイボールの本当の美味さを知らない…』 というわけでハイボールの味の分布図を作ったよー barrel365.com/highball_taste/ ・トリスハイボール ・ブラックニッカハイボール ・角ハイボール で満足してるそこの君! とりあえずタリスカーとベンロマックのハイボール飲もうぜ! 世界が変わるよ! pic.twitter.com/XgnGk1uxBo

クライヌリッシュ14年

クライヌリッシュ 14年は、立地の影響により、わずかに海の気質を持ちながらも、はっきりとしたやわらかさ・複雑さというハイランドの特質も兼ね備えています。
食前、食後を問わない、完璧なオールラウンド・モルトウイスキーです。少量の水を入れると、非常に芳醇な香りと味になります。

~クライヌリッシュ14年~ こちらはハイランド地方のウイスキーです。 香りはスパイシーですが味わいは華やかで甘みが広がります。 少し個性的なウイスキーですが非常に美味しく、ストレートやソーダ割りにして飲むのがオススメです! ぜひお試しください #bar #BarLDK #赤坂見附 #クライヌリッシュ pic.twitter.com/LyLcjNZ5nP

クライヌリッシュのハイボールが美味すぎたので箱で買いしました pic.twitter.com/uovuRg40H1

クライヌリッシュ14年、最近の私が求めていた「これだ!」ってやつやなコレ!!!! 0.5ozに120mlのソーダで晩酌してるのだけど、蜜のような甘さと柑橘系の甘さを兼ね揃えていて口の中ではなめらかさが、そして喉越しは良いキレが出てる。

オールドプルトニー12年

オールドプルトニー蒸溜所はスコットランド北部の港町、ウイックにあり、1826年に創業しています。ウイックはヨーロッパでも有数の豊かな港で、ニシン漁で知られていました。
港町で熟成された事により、どのヴィンテージにも微かな潮味が感じられます。アイラモルトが好きな方にお勧めです。
ボトルの特徴的な曲線、首のふくらみはプルトニー蒸留所独特の銅製ポットスチルをイメージして造られています。

今宵はオールドプルトニー ハイボール 潮っぽさをメインに、淡いフルーティや広がるバニラ pic.twitter.com/VTuEX41NI0

大好きなオールドプルトニー12年を…ハイボールでお供は唐揚げにしてみた pic.twitter.com/aq7zfIYWZF

プルトニー12年のハイボール。穏やかな塩味、麦や穀物の味わいにオイリーさも感じられる。ラフロイグやカリラのハイボールが爽快系の味に対して、コチラはしみじみと旨い系の味だと思う。 p.twipple.jp/KMTXS

アンノック12年

1894年に創業され、スコットランドで最も小さく、最も魅惑的な蒸留所のひとつであるノックデュー蒸留所。その豊かな味わいのシングルモルトは、世界中のモルト愛好者を、魅了し続けています。ソフトで蜂蜜やレモンの香りが特徴で、ライトな味わいながらも複雑で、スムーズなのに一筋縄ではいかない。モルト愛好家にとっても、モルトをはじめて飲む方にもお勧めのシングルモルトです。
アンノック12年は、シェリー樽原酒とバーボン樽原酒を使用。そのバランスのとれた味わいをお楽しみください。

今宵は #アンノック 阪神百貨店の酒屋で勧められのがこれ。ハイボール、すっきり美味しい。 pic.twitter.com/D9U0TL9D3Z

アンノック12年。ハイランドモルト。ハチミツみたいな甘さで、水割、ハイボールにするとハチミツレモンみたいな香味に。マイナーだけどウイスキー入門には向いてると思うっぽい!(夕立並感) pic.twitter.com/1gNHBDOfDj

アンノックのハイボールが飲みやすすぎて泣きそう これ夏に最高すぎるわ

オーバン14年

“小さな湾”を意味するウイスキー
爽やかなピート香と、やや重厚なミディアムタイプのシングルモルト。

オーバンはハイボールがお勧めとのことなのでお高いハイボールをいただきます pic.twitter.com/X5waiWFwqL

@kuroineko_sub お待ちください。オーバン14年はソーダ割りにしてもたいへんよろしいのでウイスキ初心者さんがいるとオススメです。ウイスキー好きの会ならそのままGOです。どちらもナッツ類と相性がよいですが、オーバンはハンバーグなど肉料理にも耐える力があります

クルーグマン教授も飲んでるオーバン14年、個人的には濃い目のハイボールにするとたまらなくウマい pic.twitter.com/jh2h0T3Idb

1 2 3