1. まとめトップ

食欲の秋に向けて!脂肪を落としてシャープな体をつくる早歩きダイエット!足首痩せの悩みの原因と解消トレ

下半身が痩せにくいと悩んでいませんか?ウォーキングは歩き方や、歩く速度によっては効果の得られ方も違ってきてしまいます。正しい姿勢で早く歩くことでさらにダイエット効果を得ることができますよ。せっかく歩くなら、ダイエット効果の高い歩き方を身に着けたいですよね。

更新日: 2019年09月13日

2 お気に入り 3418 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

思い込みと体のクセを脱すれば、3週間で下半身が変わる!

スキニーパンツをカッコ良く着こなせるような美脚になりたいけれど、「脚痩せは思うように結果が出ない」「生まれつき脚が太いから……」とあきらめていませんか?

早歩きでダイエット効果を得る

効率的にダイエット効果を得たいという場合は、早歩きに変えてみましょう。

体重60kgの人が30分歩いた場合

普通の速度…95kcal
早歩き…158kcal
この速度の差は時速2km程度で、「少し急いで歩く」程度の速さです。30分間だけで消費カロリーは1.7倍程高くなります。

ウォーキングで効率良くダイエットしたいという場合は早歩きを意識するようにしましょう。

有酸素運動で脂肪燃焼効果

早歩きで歩けば心拍数も上がります。歩くことは有酸素運動になりますので、それを30分以上続けることで、脂肪燃焼効果が期待できます。内臓脂肪は歩くだけでも減らすことできる体脂肪です。そのため、

内臓脂肪の原因となりやすいお酒が毎日欠かせないという人
お腹ポッコリのリンゴ体型という人

には、特に効果的

筋力アップで基礎代謝を高める

早歩きをすると、足の筋肉も鍛えられます。脂肪を減らすためには適度な筋肉量も必要です。

筋肉が付くことで、基礎代謝がアップして、カロリーが消費されやすくなります。

体のラインを引き締める!シェイプアップ効果

早歩きをすることで自然と姿勢が良くなるという人も少なくありません。

正しい姿勢で歩くことで、体の上半身の筋肉も使います。結果的にくびれたお腹や、引き締まった背中に近づけることができます。

下半身のシルエットには、無意識下での筋肉の使い方のクセが如実に表れます。

トレーニングをする時間よりも日常生活を送る時間の方がずっと長いので、体のバランスが崩れればそれがレッグラインやヒップラインに表れるとも言えます。

早歩きでしっかり効果を実感!効果的な歩き方。

自分の足に合った靴を履いて歩く

サイズがきちんと合っていない靴で歩くと、関節や筋肉に負担が掛かるだけでなく、正しい姿勢で歩くこともできなくなってしまいます。それではウォーキングの効果も半減

姿勢を正して歩く

綺麗な姿勢で歩く人はスタイルが良いというイメージがありませんか?

それは偶然ではなく、背筋が伸びることで、血行が良くなり代謝もアップします。つまり痩せやすい体質だと言えるのです。

大股で歩く

早歩きと一緒に大股歩きをすることで、

より筋肉を使い引き締まった体を作れる
ふくらはぎの血流改善

などの効果が期待

歩く時間は30分以上

理想は一日に、早歩きで1万歩。これを30分で達成することです。しかし、最初は無理をせずにもっと低い目標からはじめてみてOKです。

4000歩を5分で達成
6000歩を10分で達成
8000歩を20分で達成

と、少しずつ目標を上げていくように

足首痩せの悩みの原因と解消トレーニング(本来の足首の細さを取り戻す方法)

足首を上げ下げすることで、下肢の静脈血を上半身に戻す「ミルキングアクション」を促し、本来の細さを取り戻します。

1.軽く足を開き、直立姿勢からスタート。壁に軽く手を添える。

2.足の親指に力を入れてゆっくりとかかとを引き上げて3秒間キープしたら、再び床につける。かかとの上げ下げの動作を15~20回繰り返す。

2.足の親指に力を入れてゆっくりとかかとを引き上げて3秒間キープしたら、再び床につける。かかとの上げ下げの動作を15~20回繰り返す。

運動不足の改善にも!早歩きの習慣をつけて健康的に

1 2