1. まとめトップ

電動歯ブラシの選び方と商品比較

電動歯ブラシとは、電力を動力源とするモーター内蔵の歯ブラシのことです。普通の歯磨きブラシではできないような高速な微振動によって歯石や食べカス汚れを除去します。自分で歯を直接こする必要がない分、1本1本をしっかり磨くことができ、歯磨きの時間短縮効果もあります。

更新日: 2019年09月14日

6 お気に入り 347 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

便利そうだけど、どういう商品を購入したらいいかわからない人向けに、電動歯ブラシの選び方と商品比較をまとめました。

1. 電動歯ブラシとは

電動歯ブラシとは、電力を動力源とするモーター内蔵の歯ブラシのことです。普通の歯磨きブラシではできないような高速な微振動によって歯石や食べカス汚れを除去します。自分で歯を直接こする必要がない分、1本1本をしっかり磨くことができ、歯磨きの時間短縮効果もあります。

2. 電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシは価格帯が数百円で手に入るものから数万円のものまで様々です。その分、機能面での違いがあります。通常の歯ブラシと違い初期費用が比較的多くかかる分、納得がいくものを選べるように事前に選び方を知っておくことが大切です。

2-1. ブラシ部分で選ぶ

電動歯ブラシは、ブラシ部分が取替えできるパーツになっています。
ブラシ部分のヘッドの大きさが合うか、ブラシの質が良いかなどを確認するようにしましょう。ヘッドが大きすぎると奥歯や歯の裏側、歯茎と歯の境目などが磨きにくくなってしまうこともあります。自分の口や歯にヘッドが合っているか確かめた方が良いでしょう。
また、電動歯ブラシはどんな汚れ落としに特化しているか、回転方式の違いなどでブラシの形状や材質が異なります。
自分がどんな汚れをメインに落としたいのかを基準にブラシの材質などは選ぶと良いでしょう。

なお電動歯ブラシを初めて使うという人は、使用する際に力加減が強くなってしまうことも多いので、あまり硬すぎないブラシがおすすめです。

2-2. 回転の仕方で選ぶ

電動歯ブラシの動き方には、大まかに【振動式】と【回転式】、【音波式】という3種類の回転方式があります。振動式は1番メジャーなもので通常の縦長の形の歯ブラシが小刻みに上下に振動する方式です。
一方、回転式のものはブラシ部分が丸い形状で、左右に回転しながら振動することで、落としにくい奥歯や歯茎付近の汚れが落ちやすい設計になっています。ですがその分、歯茎や歯への負担がやや大きいのも特徴です。
音波式は、音波による非常に細かい振動を利用した振動式タイプのレベルアップバージョンといったようなものでしょう。通常の振動式のものよりさらに細かい振動をするのでより簡単に汚れを除去しやすくなります。
最近ではさらに上の超音波式のものもあり、毎秒2万ヘルツという高速な振動で歯を傷めずにプラーク(歯石)をかき落とせるものまであります。

2-3. バッテリーや付属パーツなどもチェック

電動歯ブラシには充電式と乾電池式のものがありますが、乾電池式のものはパワーが弱いものも多く、長く使用することも考えると充電できるタイプの方が便利でしょう。1回の充電でどれくらいもつかも確認しておきたい部分です。歯ブラシ部分を付け替えられるという利点を生かして、商品によってはより細部を磨ける小型の替えブラシがあることもあります。他にも除菌器がセットになっていることも。付属のパーツ類もチェックしておくようにしましょう。

3. 電動歯ブラシを使うべき人

歯周病とは、歯に残った歯石の細菌が原因で引き起こされる炎症性の疾患です。何となく40代以降の人に多いようなイメージですが、初期段階では気づきにくいこともあり実は20代の若い人にもとても多い病気です。歯周病になることで口臭が強くなり、ひどいと歯が抜けてしまいます。歯周病をはじめとした歯の病気を予防したいという人には電動歯ブラシがおすすめです。

3-2. 磨き残しに不安がある幼児や子ども

こどもの歯は小さく、自分で歯磨きをすると、あまりうまくできないことがほとんどです。電動歯ブラシは歯に当てているだけでも汚れを落とす効果があるので歯磨きが苦手なこどもにも良いでしょう。

3-3. 効率性を重視したい人

通常の歯ブラシによる歯磨きだと、その人のやり方によってはかなりムラのある磨き方になってしまいやすいです。手を必要以上に動かすことなく、手短に済むということから効率性を重視したい人からも電動歯ブラシは人気です。

4. おすすめの電動歯ブラシ

4-1. 歯科医もおすすめ【スマートトラッキング】

https://infinitus-om.com/lp/stt/
超音波式で毎分4万回という圧倒的な振動数で歯石を除去します。ふつうの電動歯ブラシはオンオフの機能のみのものが多いですが、スマートトラッキングは5種類のブラッシングモードが内蔵されているので磨く部位別に振動数や強さが変えられるのが最大のポイントです。1回の充電で1ヶ月使用できるというバッテリー持続時間の長さも人気のひとつのようです。
価格:21,470円(税込)

4-2. 歯周病予防には【パナソニック 音波電動歯ブラシ ドルツ】

https://panasonic.jp/teeth/products/EW-DL34.html

シンプルな設計ながら、毎分約3万回の音波振動でしっかりと歯周ポケットの汚れまでかきだします。パワーコントロール機能付きで、強くブラシを当てるのを防ぎます。世界中で愛されるメーカーということもあり、電動歯ブラシ初心者にはおすすめの商品です。
価格:9,000円(税込)

4-3. 子どもも楽しくしっかり磨ける【ブラッシュモンスター】

https://infinitus-om.com/lp/bmt/
こちらはこども向けの電動歯ブラシです。AR(拡張現実)を駆使した専用のスマホアプリとの連動で、こどもが楽しく歯磨きができる環境を整えてくれるのが最大のポイント。電動歯ブラシについている3Dモーションセンサーにより磨き残しの箇所まで教えてくれるので正しい歯磨きの仕方が自然と身につきます。
価格:11,653円(税込)

4-4.歯を白くしたいなら 【ソニッケアー ダイヤモンドクリーンディープクリーンエディション】

https://www.amazon.co.jp/dp/B07DLS5Q3S/ref=emc_b_5_t
白い美しい歯を目指したい人におすすめなのがこのアイテム。優れたステイン除去力でコーヒーやタバコといった日常的な着色よごれによる歯の黄ばみを防ぎ白い歯をサポートしてくれます。推奨されている2分の歯磨き時間を教えてくれるタイマー付きです。
価格:17,400円(税込)

4-5. 持ち運びに便利【ブラウン オーラルB PRO2000】

https://www.amazon.co.jp/dp/B075SXZ5ZC/

丸型ブラシによる3D回転で歯茎のキワまで汚れを落とします。0.01ミリの超極細毛と押し付け防止センサーによ利、歯茎や歯表面を傷めにくいのが特徴です。ケース付きなので持ち運びも便利なのが嬉しいですね!
価格:6,207円

1