1. まとめトップ

歯のホワイトニングをセルフで行う方法とオススメ商品

美しい白い歯は、とても魅力的です。近年、歯の白さに対する美意識がとても高まっています。歯の美しさは、人と会う際にも自分の印象を左右する大事なポイント。輝く白い歯は、「清潔感がある」「信頼できる」といった印象を与えるため、好感度が高くなるでしょう。

更新日: 2019年09月14日

7 お気に入り 1358 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1. 歯のセルフホワイトニングとは

美しい白い歯は、とても魅力的です。近年、歯の白さに対する美意識がとても高まっています。歯の美しさは、人と会う際にも自分の印象を左右する大事なポイント。輝く白い歯は、「清潔感がある」「信頼できる」といった印象を与えるため、好感度が高くなるでしょう。ホワイトニングというと、歯医者やサロンで行うイメージから、手が出しにくい方も多いかもしれません。しかし、最近では自宅で手軽に行える商品が次々と販売されています。

歯の着色の原因は、以下のようなことが挙げられます。
・生活習慣や遺伝的なもの
・詰め物や神経治療をした部分の変色
・喫煙習慣

詰め物や神経の治療をした変色は、歯科医師により詰め物の交換などが必要となってきます。一方で、生活習慣や遺伝的な着色の原因には、自宅でできるセルフホワイトニングが効果を発揮します。生活習慣の改善で一番大切なことは、日頃のメンテナンスです。自分に合ったセルフホワイトニングの方法を見つけて、綺麗な白い歯を保ちましょう。

2. 歯のセルフホワイトニング商品の種類と選び方のポイント

2-1. セルフホワイトニング商品の種類

・歯磨き粉タイプ
ペースト状で、歯磨き粉としての効果も併せ持つ商品です。毎日の歯磨き粉を変えるだけで、手軽にホワイトニングを行えます。はじめてセルフホワイトニングを行う方にも、取り入れやすいのでおすすめです。

・ジェルタイプ
ジェルタイプには、歯を傷つけにくいというメリットがあります。歯磨きの効果があるものや、歯磨きの後に使用するものなど、商品によって様々です。こちらも歯磨きのような感覚で行えるので、負担なく続けることができます。

・液体タイプ
口臭が気になる方には、液体タイプがおすすめです。ホワイトニングと合わせて虫歯・歯周病・口臭をカバーできるものが多く、身近な薬局などでも販売されています。

・ペンタイプ
気になる部分に直接アプローチできるのが、ペンタイプ。マニキュアのように歯へ直接塗り、歯の汚れを浮かして落とす仕組みになっています。

・消しゴムタイプ
ピンポイントで白くできる消しゴムタイプ。歯の表面を擦ることで、着色をきれいに取ることができます。シリコンゴムやスポンジで作られており、歯磨きではカバーできない細かな汚れも落とすことができます。

2-2. セルフホワイトニング商品を選ぶポイント

・有効成分を確認する
ヤニやステイン除去には、ポリリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコールといった成分が有効です。歯垢や汚れを防ぎ、同時に歯をコーティングしてくる効果も期待できます。歯の修復・虫歯予防・ホワイトニングと、マルチに活躍するのがハイドロキシアパタイト。歯の表面の傷を埋め、着色汚れや歯垢の付着を防ぎます。

・価格をチェックする
セルフホワイトニング商品を選ぶ際には、コストパフォーマンスにも注目しましょう。セルフホワイトニングは一度だけではなく、毎日継続して行うことが大切です。無理なく購入を続けることができるものを選ぶことがベストです。

・外出先で利用する場合は持ち運べるタイプを選ぶ
外出先で使用を考えている方には、持ち運びが簡単な消しゴムタイプやペンタイプがおすすめです。ポーチの中でもコンパクトに収納できるので場所を取らず、どこでも手軽にホワイトニングを行うことが可能です。

・歯磨き粉のタイプを選ぶ場合は研磨剤が少ないものがおすすめ
歯磨き粉を選ぶ際は、研磨剤が少ないものがおすすめです。研磨剤が多いと歯の表面が傷付き、ステイン汚れが付着しやすくなってしまいます。同様に、発泡剤についても、少ないものを選ぶとよいでしょう。泡立ちがいいと磨いた気になってしまいますが、時間をかけて隅々まで丁寧にブラッシングすることが理想的です。

3. 歯のホワイトニングをセルフで行うことのメリット

3-1. 費用が抑えられる

歯医者で行うオフィスホワイトニングの相場は、1回につき3~5万円程度。一方で、セルフホワイトニング商品は、1商品あたり500円~5000円と、安価に手に入れることができます。毎月続けても、1年で6万円ほどの予算ですので、コストパフォーマンスは抜群です。歯磨きの効果もあるホワイトニング商品を選べば、日常の中でストレスなく続けることが可能です。

3-2. 効果が持続的に続く

ホワイトニングは、1回で完成するものではありません。歯は日々、着色の原因に晒されており、1度綺麗にしても、日頃のメンテナンスが悪いと輝きは失ってしまいます。大切なことは、継続して続けるということ。セルフホワイトニングは、毎日自宅で手軽に行えるので、長い目で見るととても有効な方法です。いつまでも持続的に効果を得たいなら、セルフホワイトニングは欠かせません。

3-3. 手軽に始められる

歯医者やサロンでは、通院が必要です。通院といえば、予約、待ち時間、通院時間と、ストレスを感じる方が多いのではないでしょうか。仕事が忙しい方や育児中の方にとっては、自分のために通院の時間を割くことはできないのが現状。
しかし、セルフホワイトニングでは、通院の手間がありません。なんといっても、手軽に行えることが魅力です。多忙な方でも、気軽に始めることができます。

4. おすすめの歯のセルフホワイトニング商品

4-1. シロクナリーナ

https://www.brabianca.com/ec/lp_shironari_a8/
歯磨き粉とLEDライトによって、歯の本来の白さを取り戻すことができます。現在、多くのメディアに取り上げられ、非常に人気のある商品です。LEDライトを使用することで、ホワイトニング効果がグンと高まります。酸化チタン&光触媒の2つの力で歯にアプローチします。
価格:3,999円(税抜)/約1ヵ月お試しコース 発売記念特別価格

4-2. パールホワイトプロEXプラス

4-3. リュミエールブランネージュ

http://lu-blanc.jp/a8/
研磨剤不使用で、歯磨きとホワイトニングの両方が行えます。電動歯ブラシの使用もOKです。天然由来のアルカリ性が、お口の中をしっかり除菌。歯科医師監修ということも信頼ができるポイントです。
価格:2,980円(税抜)/初回限定定期便

4-4. はははのは

4-5. トゥースMDホワイトEX

https://nostain.jp/
研磨剤、発泡剤不使用のジェルタイプ。青りんごフレーバーのジェルは、ほどよく粘り気があり、ブラッシングしやすい液体です。31種類の有効成分が、歯の着色を取り除きます。虫歯や口臭予防などの効果も期待できます。
価格:5,690円(税別)/2本セット定期コース

1