1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

バッジにハンコ、レーダー「痴漢包囲網」が着実に広がってた

痴漢が社会問題になっていますが、その包囲網が着実に広がってきています。

更新日: 2019年09月14日

5 お気に入り 19675 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■社会問題になっている、電車での「痴漢」

痴漢(ちかん)とは、性暴力の一つであり[1]、相手の意に反して性的行為を行う者、もしくは行為そのものを指す

痴漢問題は首都圏の満員電車を毎日利用する者にとって、常に意識のどこかにあるといっても過言ではない

痴漢に対する防衛策として安全ピンを持ち歩く話が拡散し、一連の動きを受けてシヤチハタが「痴漢対策用スタンプ」の開発を表明するなど、痴漢対策はビジネスの世界にまで拡大

■この痴漢包囲網が着実に広がってた。まずは「痴漢防止バッジ」

『痴漢抑止カード』を作ってバッグに装着。カードを身につけて以来、彼女は痴漢されなくなったのです」

一般社団法人「痴漢抑止活動センター」(大阪市)が南海電鉄や大阪メトロ、コンビニの協力を得て大阪府内を中心に駅構内で販売していた。使用者の9割が効果を実感

痴漢防止バッジ、実際にそんな劇的な効果が出ているんだとしたら安全ピンなんかよりよっぽどいいものだしこういうのこそ議題に上がってほしいよね 缶バッジならコストも安いぞ

■そして「痴漢レーダー」が痴漢を感知

電車で通勤・通学する人たちを悩ませている痴漢の被害。どこで多発しているのか、スマートフォンの地図上で示して「見える化」し被害を防ごうというアプリが開発

痴漢に遭ったら通報し、ネット上でどこの場所で被害が多いかを可視化していく「痴漢レーダー」

被害をマップ上で件数を表示するだけではなく、個別の被害発生状況を、発生場所、時間、被害タイプとともに表示する

今日も痴漢という姑息な手段で、支配欲(笑)をちまちま満たすクソダサい奴が湧いたんですね。。 痴漢レーダーだと毎日ほぼ同じ駅が上位になってるけど、もっと普及したら変わるのかな?広まってもっと可視化してほしい。。

おいオッサン!後ろから髪の匂いかいだり揺れに乗じてわざと接近するんじゃねーよ!痴漢レーダーに通報したったからな!酔っぱらってるからって許されると思うなよ! 痴漢盗撮強姦は許すまじ。INE (女性はちゃんと救出しました)

■シャチハタは「痴漢撃退スタンプ」を開発

「シヤチハタ」は8月26日、痴漢などの抑止を目的にした「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売することを発表

被害者が容疑者の手にハンコを押しておくと、ブラックライトで印影が浮き出る仕組み。Twitter上での意見を踏まえて開発したもので、まず500個をテスト販売する。2500円

今後はどのように展開していくのでしょうか?「テスト販売を通じられて寄せられた声を元にさらに改良していく予定です。主に実用性や抑止力を検証できればと思います」

痴漢対策のシャチハタのスタンプ欲しいんやけど誰か持ってない?

痴漢対策用スタンプについても「もし間違ったら冤罪が」という声があったが、女性が自分を触っている人間を間違えるはずはない。痴漢は「人違いだ」と言い張るだろうが性犯罪者は最初はしらを切る。これは世界共通。 note.mu/billytakahashi…

■そして「医療面」でもケア

痴漢をはじめとする2000人を超える性犯罪者の治療にあたってきた斉藤章佳さん(大森榎本クリニック精神保健福祉部長)は、痴漢問題について加害者側から考える重要性を強調

明確な統計はないが、痴漢の加害者が再び同じ犯罪に手を染める可能性は高いとされる。一部の専門家は、精神疾患との関係性について指摘

1 2