1. まとめトップ

「O.K. 」の由来は米国第7代大統領から?その語源とは?

今や全世界共通で使われるO.K.。この比較的新しい語源は英語の有名な表現でありますが、そ.の語源には諸説がいろいろあります。有力なのはジャクソン米第7代大統領が、“All Correct”のスペルを“Oll Korrect”と記したことが“OK”の語源と言われていますが…

更新日: 2019年09月15日

2 お気に入り 917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■世界中で使われる便利な言葉「OK」

日常的によく使われている英単語「OK」は、「大丈夫」や「問題ナシ」などさまざまな意味を持つ便利な言葉ですが、英語圏のみならずブラジルやメキシコなどでも同じ意味で使われているほか、日本でも広く一般的に使われています。

「OK」は幅広い事柄を表現できる万能の英単語です。前のめりに同意する「OK!」から、さほど乗り気ではない「ああ……、OK」、さらに「OK、それで……」のように話題を変えるための前置きに使うなど、ありとあらゆる場面で「OK」と言うことができます。今回、OKの語源を研究した言語学者のアリカ・オークラント氏は、「OKが存在しなかった時代が信じられないほどです」と語っています。

・賛成や同意を表す言葉

本来の意味は健康状態が良好なことや好調なことを意味する単語ですが、日本語では主に英語でいう「right」などと同様に相手へ同意を求めるときや、賛成の意を伝えるときなどに用いられます。

■OKの語源

「Aux Quais」という港の名前であるというものや、戦場における「0 Kill」、ドイツ語の「Oberkommando(最高司令部)」、スコットランド英語でOKを意味する「och aye」、はたまたギリシャ語やラテン語から生まれたなど、さまざまな説が考えられています。

辞書編集者のアレン・ウォーカー・リード氏によると、初めて「OK」という単語が印刷されたのは1839年のボストンの新聞で、当時の記者が冗談まじりに「All Correct」を表わす略語として書かれていたそうです。

現代でも「OMG(Oh My God)」「LOL(Laughing Out Loud)」といった略語が使われていますが、当時は「I.S.B.D.(It shall be done)」「S.P.(Small Potato)」といった略語のほかに、「KG(Know Go=No Go)」「OW(Oll Write=All Right)」という頭文字を別の読みができる単語に置き換えた略語が流行しており、OKは「Oll Korrect=All Correct」から生まれたと考えられています。

・「All Correct」、この綴りが変化して「Oll Korrect」

1840年の合衆国大統領選挙でアメリカ中に広まることになります。

民主党候補のマーティン・ヴァン・ビューレンの支持者たちは、

彼のあだ名である「Old Kinderhook」を使い「OK」としました。

反対に、敵対するホイッグ党の支持者たちは、

ビューレンの師匠でもある第7代大統領アンドリュー・ジャクソンの

スペルミスを「OK」の起源としました。

実は彼は、正規の学校の出ではなくスペルを間違えることもしばしばあったようです。

そういうこともあり「All correct」を「Oll Korrect」と間違えて書くような、学のない男の弟子と罵倒する意味で、「OK」の起源をジャクソンにしました。

・無学であることをアピールポイントに~第7代大統領アンドリュー・ジャクソン

第7代大統領アンドリュー・ジャクソンによって生み出されたといわれている。

彼は貧しい家庭に生まれ、12歳の時、独立戦争に従軍し負傷。
さらに家族を全員亡くし薄幸の少年時代を送った。
だが、後に親戚(しんせき)の遺産を継ぎ、財産家の娘と結婚、政治家の道へと進んだ。

大統領になったジャクソンが書類にサインをする時、「all correct」(すべてよし)と書くべきところを発音通りのつづりの「oll korrect」と間違って書いてしまった。

子供のころ、まともに教育を受けなかったせいなのか、豪放磊落(ごうほうらいらく)な性格もあって直そうともせず、そのまま通した結果、この「ollkorrect」が、略されて「OK」となり「よろしい」という意味に使われるようになったといわれる。

・ロバは民主党のシンボルに

ジャクソンに「学」がないのは誰でも知っていた。「OK」という言葉はジャクソンがAll Correct(すべて正しい)の頭文字をOll Korrectと間違えたのが始まりという伝説がある。
これは、貧しく育ったジャクソンが高い教育を受けられなかったことをからかっている。

彼と大統領選を争ったジョン・クインシー・アダムスはジャクソンをジャッカス(ロバ。間抜け)と呼んだ。ジャクソンはそれを逆手にとって、ロバを自分のシンボルに使った。この選挙時に現在の民主党が結成されたので、民主党のシンボルはロバになった。

・ボストン・モーニング・ポスト

記録に残っている「OK」が最初に紙面で使われたのが、1839年のボストンの「ボストン・モーニング・ポスト」の紙面です。

この結果、ボストン、さらには近郊の都市などで「OK」が広まっていきました。

しかし、まだアメリカ全土に広まるまでには至りません。

当時巷で使われていたこの「OK」。

これは「All Correct」、この綴りが変化して「Oll Korrect」となり、頭文字をとって「OK」になったのではないかと言われています。

1