1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◼︎台風被害を受けた千葉県

台風15号による千葉の停電はいまだに約19万軒で続いていて、さらに影響が広がっています。

先行きの見えない復旧。そんななかで、精神的に体力的にも疲労困ぱいしていく姿が見られました。

◼︎全面復旧までには1週間超がかかるという

台風15号の影響による千葉県内の停電に関し、菅原一秀経済産業相は十三日の閣議後会見で、

一部の地域では「被害が激甚化しているところもあり、あと一週間あるいはそれを上回る」との見通しを示した。

菅原氏は、経産省内に停電被害対策本部を設置したことも発表。「影響を的確に把握し、全面復旧に力を入れる」と説明した。

◼︎厳しい現状が続く中、停電から復旧直後に建物が全焼

【けが人なし】千葉で通電火災か、停電から復旧直後に小屋が全焼 news.livedoor.com/article/detail… 自治体は停電復旧時に漏電などから通電火災が発生する恐れがあるとして、外出時にはブレーカーを落とすよう呼び掛けている。 pic.twitter.com/kcsxsgxlt9

千葉県で、停電から復旧した際に起きる「通電火災」とみられる火事が発生して建物が全焼しました。

警察などによりますと、この火事で住宅に隣接する小屋が全焼

破損した電気配線などに電気が通った際に火が出る、通電火災の可能性もあるという。

【通電火災か 千葉で倉庫燃える】 yahoo.jp/yexoz2 停電が続いていた千葉・君津市で、14日午後3時ごろ、工務店の倉庫が燃える火事があった。破損した電気配線などに電気が通った際に火が出る、通電火災の可能性もあるという。

◼︎SNSでは心配の声が相次いでいます

【注意喚起】 停電発生時は通電再開後、火災が発生する危険性が高まります ●停電中の自宅を離れる時はブレーカーを落とし、 ●通電再開後は機器等の損傷がないか・燃えやすいものが近くにないか等を確認してからブレーカーを戻してください #台風第15号 #meti_saigai

通電火災に気をつけて! 今まだ停電中のお宅では、ブレーカを落としておいてください。電気が通った際、ショートして火災につながる可能性があります。 阪神大震災の際の火災も通電火災が大きな要因でした。 #台風15号被害 #被災地

電気が復旧した後も 通電火災に気を付けないといけないのか。 一度ブレーカーを落としておくといいらしい。 復旧した際にはすぐに飛びつかずに くれぐれもご注意を。

ふと思ったけど千葉って火事は消防署が対応できる状況なのかね?

■お知らせ■ 台風15号による停電にて、皆さまには大変ご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 現在、停電の復旧に努めております。 停電が復旧した際、通電による家電製品などの漏電や火災の恐れがあるため、ブレーカーのつまみは下げていただくくようお願いいたします。

◼︎災害時に注意したい「通電火災」の恐ろしさ

停電が復旧し自宅や事業所において電気が使用できるようになった際、通電火災のおそれがあるとして、自治体などから注意が呼びかけられています。

電気が復旧した際に地震で倒れていたり、風雨によって濡れてしまった電気製品が再び作動。これが火元となって起こるのが通電火災

災害発生とともに出火した場合、人が対応できるのですが、避難や外出で無人となっている際に電気が復旧し、出火する事が多い

◼︎ブレーカーを落とすなどの対策が必須だという

1 2