1. まとめトップ

簡単バナナダイエット!

ダイエットの種類はさまざまあります。一度はだれでも試したことがあるバナナダイエット!このバナナダイエットをご紹介します。

更新日: 2019年09月15日

5 お気に入り 7232 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mama888さん

価格も安価で、ミネラル豊富なバナナ。
ご家庭の食卓にのぼる回数も多いと思います。
このバナナ、ダイエットにも効果的です。

バナナでダイエット

女性なら、どんな時も考えるダイエット。
安価で手軽に手に入れる事が出来、栄養価も高いバナナでダイエットに挑戦!
ではバナナダイエットはいつ食べると効果があるのでしょうか?

夜バナナダイエット

(1) 夕食の15~30分前にバナナを1~2本食べる

(2) コップ1杯(200ml程度)の水分(水、お茶など)を取る

※夕食は普通に食べる。ただし、満腹に感じたところで止める

バナナはそのまま食べるのが基本ですが、温めてホットバナナにしたり、無糖ヨーグルトをかけたりして食べてもいい。

夜バナナダイエット効果

「便秘が解消した・胃腸の調子がよくなった」「体重が減った」、「おなかがへこんだ」が続きました。「夜バナナダイエットを始めた翌朝にドサッと便が出た」「毎食後に便が出るようになった」など

朝バナナダイエット

朝バナナダイエットの効果

続けます^_^
朝バナナはじめて3日です。
48.3キロから47.0キロでー1.3キロです!
仕事中に少し空腹を感じる程度で体は元気です。
午前中トイレに行く回数が増えた気がします。

朝は普通にバクバク食べて、昼と夜はバナナ3本づつを5日続けただけで、52㌔→49㌔まで落とすことが出来ました!!!
知り合いに痩せたねと言われとても嬉しいです( ^ω^)
もともとバナナは大好きなのでこんな楽なダイエットがあるとは知りませんでした!!
ぜひおすすめします!!

バナナに含まれる成分

●エネルギーを継続的に産出す
バナナには、でんぷん、ブドウ糖、果糖、ショ糖など、いろいろな糖質が含まれていて、それぞれ体内に吸収される時間が異なり、エネルギー補給が長時間持続するのです。

●カリウムは筋肉にとっても欠かせないミネラル
フルーツの中でも特にバナナは、カリウムを非常に多く含んでいます。これはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

●ビタミンC
それほど多くはないですが、ビタミンCも含んでいます。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

●マグネシウム
血圧を調整する働きや、骨の成分でもあり、イライラの解消にも効果があるそうです

●豊富なビタミンB群
消化液の分泌を促すビタミンB1や、粘膜をつくるビタミンB2、そして、血行をよくしたり、エネルギーの代謝を促すナイアシンなどのビタミンB群が豊富です。

●セロトニン
バナナには、情緒を安定させ、精神をリラックスさせる効果のあるセロトニンという成分も豊富に含まれています。

●ガン予防にもいいそうです
バナナは免疫活性力や抗酸化力が非常に強く、ガンの予防や多くの生活習慣病に効果があるそうです

バナナに茶色の斑点

きれいな黄色の皮をしている時、バナナを購入します。
数日過ぎると、この状態になります。
バナナの茶色い斑点はシュガースポットといいます。

シュガースポットの効果

バナナの皮に現れる、このシュガースポットの効果とはいったい何でしょうか?
まず、シュガースポットが多いバナナを食べると、免疫力がアップします。

皮がきれいな黄色のままのバナナと比べると免疫力は8倍!

1 2