・タスクごとの時間管理をする

やるべきタスクが分かっていても、それぞれのタスクにどれだけ時間がかかるか把握できていなければ、終わりの時間も分かりません。仕事が早い人は、一つ一つのタスクにかかる時間を把握しており、終わりの時間を見極め、だらだらと際限なく仕事をしません。