・一つの仕事に全力を傾け、長くやる

2つ以上の仕事を同時に進めようとすると、作業の切り替え時に、前の作業で何をやっていたかを思い出さなければなりません。つまり、他方の仕事に切り替えるときに「仕事の立ち上がりの時間」がかかってしまうのです。一つのタスクを一気に片づけ、一つ一つこつこつとこなしていく方が仕事の効率が上がり結果として仕事が早く終わります。