・メモを取る

思いついたこと、もやもやしていることなどメモや記録を残すことで、思い出す時間、心配する時間を減らすことができます。また、頭から情報をだすことで、余計なことを考える必要がなくなります。その結果、頭をすっきりした状態に保つことができ、仕事に集中することができます。