・自己研鑽をする

仕事を早く進めるためには、スキルや知識を小さなことでも身につける必要があります。例えば、
・ブラインドタッチ
・PCのショートカットキーを覚える
・メールの文面などを素早く考えるための文章力

このような、ほんの少しの差の積み重ねが、「仕事が早い人」と「遅い人の違い」となります。