1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

harunikuさん

皆さんは転職したいと考えたことありますか?

転職したいなあ どこか年収500万円で雇ってくれないかな

パワハラを告発する事にしました! もう我慢の限界。 退職も覚悟して、転職活動も継続中。

おはよーございます❗ 連休中日サービス早出出勤いってきます(ヽ´ω`) あっ、sabi会社辞めます。今は転職活動中です。 pic.twitter.com/Tugdvixwat

@riiiko_bts 面接 転職活動なう チキンだから早く終わらせてとっとと帰りたい所存である

今、密かに「お試し転職サービス」を利用する人たちが増えていることご存知でしたか?

お試し転職とは社員として勤務先に所属しつつ、他社のインターンシップ(職業体験)の参加を経て転職することです。

おためし転職とは、気になる仕事にそのまま転職をする前に、実際に現場で働いてみて向いているのか見極めることができる活動のことをいいます。

「おためし転職」の特徴は、今の会社を辞めずに、インターンシップが受けられること。体験できる企業は、約40社。業種も企業規模もバラエティに富んでいます。

お試し転職の最大の特徴はミスマッチを防ぐことです

転職前と想像していたより「人間関係が複雑」「労働環境が合わない」「待遇が違う」と思う人が圧倒的に多いみたいです

転職後にギャップを感じた人々の理由を見てみると、「人間関係」「労働環境」「待遇」が他の理由よりも抜きん出ています

失敗する要因のひとつとして、転職の目的が曖昧だった可能性があります。また、転職してみて気づいたり、優先順位が変化したりということもあります。

ミスマッチが起きるのには、求職者側にも問題があります。求人広告の内容を鵜呑みにして、他の情報を調べずに応募すると失敗する可能性が高いです。

結論から言うと、転職エージェントがしつこい理由は、ノルマを達成したいからです。

希望条件に合わないような求人を強引にゴリ押しされたときは、具体的な理由と希望条件を伝えることがポイントです。

自分の現状を正しく理解することが非常に大切です。本当に本人のことを思って、より良い転職ができるようにと導いてくれるのは、プロの仕事であり良い転職エージェントと言えます。

そこで「体験入社」をすることにより未然にミスマッチを防ぐことができます

体験入社は企業にとって、入社希望者が実際に働く様子を見た上で、面接よりもじっくりと評価できるメリットがあります。実際の業務を担当させることで候補者が自社の働き方に合わせられるかを見極められます。

受入企業は、インターン期間を経て、人材を採用することで、スキルや相性のミスマッチを防ぐことが可能となると共に、異業種の斬新な発想と手法を持った人材を社内に迎い入れることができます。

マインドや風土が合わないと、能力を発揮できずに終わってしまうこともあった。それは非常にもったいない。オープンに面接をしてもそうなるなら、入社の体験をしてもらえば、より納得してもらえる。

転職活動を進めるにあたり、情報収集をしっかり行うことは転職活動を成功させることができるか非常に重要なカギを握っています。

自分の目的を明確にするためには、希望する条件を紙にすべて書き出すようにしてください。年収の金額や勤務時間、残業の有無、通勤時間、やりたい仕事など、とりあえずは思いつくものを何でも紙に書いてみるわけです。

会社四季報には投資家に向けて上場企業の財務データ、業績予想、事業の状況等が記載されています。就職四季報は新卒向けに試験情報、採用人数、採用実績校、初任給、昇給率、離職率、育児休暇、残業時間等がまとめられています。

1 2