1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

レアーとは?

レアー(古希: Ῥέα, Rheā)は、ギリシア神話に登場する女神である[1]。ティーターンの1柱で、大地の女神とされる[1]。レイアー(古希: Ῥεία, Rheiā)ともいい[2]、長母音を省略してレア[1]、レイアとも表記される[3]。

ヘーシオドスの『神統記』などによれば、父はウーラノス、母はガイアで、オーケアノス、コイオス、クレイオス、ヒュペリーオーン、イーアペトス、クロノス、テイアー、テミス、ムネーモシュネー、ポイベー、テーテュースと兄弟[4]。またレアーがクロノスとの間に産んだ神々はヘスティアー、デーメーテール、ヘーラー、ハーデース、ポセイドーン、ゼウスである[5]。

彼女にまつわる神話:ゼウス誕生物語

自らの父神であるウーラノスを倒したクロノスは、ウーラノスとガイアに教えられた「自分の子供に権力を奪われる」という予言におびえ、生まれた子供たちを次々と飲み込む。

それを嘆いたレアーはクレータ島に行きゼウスを生んだ。

レアーは産着で包んだ石をかわりにクロノスに飲ませることでゼウスを救った。

レアーはゼウスをクレタ島のイデ山に隠し、ゼウスの泣き声を掻き消すためにレアーの従者であるクーレースたちが武器を日夜打ち鳴らしたという。

一説には、ポセイドーンに関しても仔馬を身代わりに助けたといわれている。

母の愛を伝えるエピソードは他にもある。

オリュンポスの神々とティターンの巨神族が戦ったティーターノマキアーでは、娘であるヘーラーを守るために、兄弟であるオーケアノスとテーテュース夫妻に預けるというエピソードがある。

あわせて読みたいまとめ

1