1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

※随時最新情報に更新

senegirlsさん

◼︎台風15号の被害が続く千葉

15日は深夜から激しい雨となり、住民は不安な夜を過ごしました。

南房総市では15日の夜から雨が降ったりやんだりを繰り返していて、住宅では壊れた屋根だけでなく室内にもビニールシートを敷いて備えていました。

◼︎16日は気温が上がり、雨風の天気に

「静かにいってください。降ってもいいから、静かに降ってくださいって祈るばかり」(住民)

千葉県や茨城県では午前中を中心に非常に激しい雨。最高気温は東海で35度予想も。千葉では28度前後。熱中症にも注意。

◼︎現在も一部地域で停電が継続

停電に加え、多くの人が自宅を修復する見通しが立たず、不安と疲れの色が目立っている。

一部で倒木の撤去作業などに時間がかかっているため、およそ9万900軒で停電が続いている。

◼︎倒木の除去などの影響で復旧が遅れる見通し

倒木除去。停電回復のための東電の優先順位に従って作業を進めます。 pic.twitter.com/yWBD7ijjPm

全国の電力会社から駆け付けた約1万6000人の作業員は千葉県内の各地で倒木を除去するなど復旧作業を行いました。

停電の復旧は、倒木の除去などで当初の見込みから遅れる見通しで、生活へのさらなる影響が懸念されている。

河野防衛相は、富里市で倒木の撤去作業にあたっている陸上自衛隊の隊員を激励したほか、君津市や八街市などでは、給水や入浴を支援する部隊も視察した。

◼︎各地から駆けつけたボランティアが奮闘しているという

#千葉市 に屋根補修用の #ブルーシート 約2000枚を届けています。必要な方はお住まいの地域の区役所に事前にご連絡のうえ、お受け取りください。 city.chiba.jp/somu/bosai/blu… #支援物資 #台風第15号 #meti_saigai

館山市に住む女性の家の屋根は、大部分が吹き飛ばされたままになっていた。

横浜から小学1年生の息子と一緒にボランティアに訪れ、美容室の屋根をブルーシートで補修しました。

親子でのボランティアの活躍に、美容室の女性は・・・。「今日の夜に強い雨が降るというので、その前までにブルーシートを早く張りたくて、本当に助かりました」(屋根を飛ばされた住民)

◼︎千葉市では住宅が全焼する火災

千葉市では15日夕方、住宅が全焼する火事がありましたが、消防によりますと、この家に住む男性が停電が復旧したため自宅のブレーカーを入れたところ、数時間後に火が出たということです。

木造2階建ての住宅1棟と隣の家の物置が全焼し、この家に1人で住む89歳の男性が足などにけがをして病院に運ばれました。

1 2