1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

JRAの「短期免許」制度とは

日本国外の競馬に所属している騎手が競走馬や招待に関係なく日本に来て騎乗する場合、JRAとNARは、通常の騎手免許試験とは別に臨時に試験を行い、試験に合格したものに短期騎手免許を1か月単位で1年間にそれぞれ最大3か月交付する。中央競馬では同時期に5人までの騎手に発行している。

■2019年秋の来日予定ジョッキー

短期免許、マーフィー時期決定、シュタルケ秋華賞エスポワールで参戦なのでその近辺は確定、を追加。 pic.twitter.com/4GQcAyIbJb

■“オールスター級”の外国人ジョッキー

ランフランコ・デットーリ

クリストフ・スミヨン

フランスで10度のリーディングに輝き、17年には305勝で欧州最多勝記録を更新。今年は116勝で現在リーディング3位。凱旋門賞では2勝を挙げており、今年は日本馬キセキ(牡5、角居)に騎乗する予定。

土曜日京都のメイン、スワンS勝ったダイアトニックのスミヨン騎手の鬼追いは頭絡握って追っているのが凄すぎ。馬もびっくり手綱いらず! pic.twitter.com/2e3jnq28Jt

オイシン・マーフィー

2018年、欧州を中心に幾多のG1レースを勝利。ロンジンワールドベストジョッキーシリーズで2位にもランクイン。2018年12月の中山競馬より短期免許を初取得すると、日増しに存在感を発揮。免許期間最終週の東京開催では土日7勝、重賞初勝利の大暴れ。「欧州の天才」という呼び声通りの手腕を日本競馬界にみせつけた。

ジャパンCでスワーヴリチャードを優勝に導いたマーフィー騎手。喜びのあまり、庄野調教師にダイブして、熱い熱い抱擁をかわしましたうれしさが伝わってきますね #ジャパンカップ #マーフィー #スワーヴリチャード pic.twitter.com/20F0PYK1wU

ウィリアム・ビュイック

ドバイのモハメド殿下が率いる馬主組織・ゴドルフィンのイギリスとUAEにおける主戦騎手のひとり。ゴドルフィンの専属調教師であるチャーリー・アップルビー厩舎の所属馬に主に騎乗する。

ライアン・ムーア

冷静沈着な騎乗が光る、現在のヨーロッパを代表するジョッキー。アイルランドのA.オブライエン厩舎の主戦を務め、2017年8月には通算G1勝利数を100に乗せた。

■番外編

S・ヨットーリ

2014年現在でG1は9勝。うち7勝が左回りの競馬場(東京競馬場、中京競馬場)であげたもので「先生は右回りのG1は勝てない」というジンクスがあったらしいが、2010年の宝塚記念を後の凱旋門賞2着馬であるナカヤマフェスタで勝利し、初の右回りの競馬場でのG1勝利を成し遂げた。

キングヘイローを語るにあたり、福永祐一そして柴田善臣と二人の騎手を避けることはできないだろう。騎手としての経験が浅い福永、そしてベテランで実績も豊富な柴田。この二人が気性が激しいキングヘイローを育て上げたといっても過言ではないからだ。

1 2