1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

iPhone 11が対応する「Wi-Fi 6」ってなにがスゴいの?

Appleが発表した新型iPhone「iPhone11」では、次世代規格となるWi-Fi6(IEEE 802.11ax)に対応します。

更新日: 2019年09月16日

21 お気に入り 55232 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■発売が間近に迫る「iPhone11」

■本機より次世代規格「Wi-Fi6」に対応し、より高速になっている

3機種ともWi-Fi 6ことIEEE 802.11axの2×2に対応し、最大1200Mbpsでの通信が可能

一般にはまだ馴染みがないであろうWi-Fi 6に対応していることは、iPhone 11シリーズにとって大きなアドバンテージになる可能性があります

■ところで「Wi-Fi6」って?

次世代Wi-Fi 6(11ax)とは、10年ぶりに登場した最新のWi-Fi規格です

現在主流規格として使われている「IEEE 802.11n」は「Wi-Fi 4」、「IEEE 802.11ac」は「Wi-Fi 5」と呼ばれる

■Wi-Fi6でなにが変わる?

通信速度

Wi-Fi6の最大通信速度(理論値)は9.6Gbpsと言われており、現在殆どの製品が対応している「IEEE 802.11ac」と比較すると、なんと最大で4倍にも速度が向上する

普段利用しているWi-Fi通信の速度が底上げされ、さらに容量の大きいデータのやりとりも瞬時に可能となります

接続可能台数

同じ周波数帯のチャンネルをより細かく分割するようになるため、同時接続が可能な台数も強化されている

同時接続するWi-Fi子機がたくさんに増えた場合でも効率的に通信が可能となりました

一台のルーターで家族や家族が持つ通信機器やガジェット類も安定した通信が確保できるようになります

省電力

通信環境によって出力を調整してくれるので、バッテリーの持ちが良くなります

1 2