1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

ラッパー吉幾三

「TSUGARU」は1984年にラップを取り入れた楽曲「俺ら東京さ行ぐだ」を発売した吉が、令和元年に放つ新方言ラップ曲。

9月16日18時現在、再生回数は20万回以上。ネットユーザーの中には、ユーチューブが提供する自動生成の日本語字幕も津軽弁は訳せないといった指摘や、

再生速度を1.25倍にすると「ノリが格段に良くなってる」という楽しみ方を伝える人もいる。

吉幾三さんの津軽弁ラップ「TSUGARU」 「通訳お願い」「分からない」と話題に  hirosaki.keizai.biz/headline/1296/ 再生速度を1.25倍にすると「ノリが格段に良くなってる」・・・試しにやってみたらメッチャカッコよくなってたわ。

@YahooNewsTopics TSUGARUは俺ら東京さ行ぐだの進化版じゃんって思ってたけど1.25倍にしたらもっとかっこよくなってるやん! pic.twitter.com/Uyu04koJFb

YouTubeでは、吉が猛暑の中青森の田んぼ道を歩く姿が映し出されたミュージックビデオや、楽曲について解説するコメント動画が公開されている。

青森県民x諸見里大介

「関⻄圏の皆様に青森の良さをもっと知ってもらいたい! 青森に来てもらいたい!」という思いから、流⾏のラップバトル形式の動画を制作したという青森県

動画は『ディス(り)カバリー青森』と題され、諸見里さんの青森攻撃に対し、りんご農家やホタテ漁師や女子高生、はたまた青森県知事までが青森弁ラップで青森の良さをアピールするというものである。

超難解な方言を使う青森県民がラップバトルを繰り広げる動画「ディス(り)カバリー青森!」の第2弾が公開されました。

前回に引き続き、対戦相手は滑舌悪い芸人の諸見里大介さんで、もはやバトルが成立していることが奇跡といったレベルで理解不能な内容になっています。

@unsnuff 以前青森の観光PR企画の青森語ラップ聴いたら、ろーろー!とかまねな!とかあまりにも聞き慣れない独特の語感が妙に心地よくて一時期ずっと聴いてました…青森語ラップ、可能性広がってるかもしれません… youtu.be/eRRTaKf1268

朝からニヤニヤしてしまった。 三村知事すごいわw ディス(リ)カバリー青森字幕スーパー付き youtu.be/eRRTaKf1268 @YouTubeより

三沢基地の事故のやつで、この知事良い人っぽいなーって思ってたら予想を斜め上に上回るキャラの濃さで笑った この人、何者www pic.twitter.com/T7GvaS9X6e

これはナイショにしていて欲しい(笑) 他県で青森のPR活動する時は大概こういう格好なのもナイショだ YouTubeで見れるディス(リ)カバリー青森に出演中の知事も中々なのもナイショだ。 twitter.com/ma43747507/sta…

山形弁 「MCGATA feat.ミッチーチェン」

山形の「アガスケラッパー」として県内を中心に活動するMC GATA(エムシー ガタ)さん

1 2