1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mamegikuさん

HIIT(ヒット)』ってどんなトレーニング?

インターバルトレーニングとは、高負荷の運動と低負荷の運動を交互に入れること。つまり、そのさらに強度を高めたものがHIITなのです。

じっくりと長期的なスパンで取り組むタイプよりも、すぐに効果を実感したい人に向いたダイエット法ともいえるでしょう。

◆◆◆ダイエット効果を得るための絶対条件◆◆◆

ダッシュや腕立て伏せのような無酸素運動を何セットも重ねなければならず、途中で手を抜くと効果は半減してしまいます。

◆◆◆HIITのメリット◆◆◆

・短期集中で効果が表れる
・一般的な有酸素運動の数倍とされる脂肪減少効果をもつ
・心肺機能の強化、筋力アップなどにも効果あり

◆◆◆HIITのデメリット◆◆◆

・とにかくキツイ(自分を限界まで追い込む)
・高負荷のため、ケガのリスクが高い
・運動の習慣がない人にはおすすめできない(そもそもできない)

◆◆◆具体的なHIITメニュー◆◆◆

基本的には、時間を決めて「無酸素運動(全力)→有酸素運動(次の無酸素運動に向けてのインターバル、もしくは完全休息)→再び全力で無酸素運動……」という流れになります。

無酸素運動はさまざまなバリエーションで行って構いません。例えば最初は100mダッシュ、次は縄跳び60秒、次はバーピー20回というように、運動を変えても大丈夫です。

▼脂肪撃退メニュー

①スモウスクワット(20秒)

<実践方法>
1. 足を肩幅大に開いてつま先を外側に向ける
2. そのまままっすぐ腰を落とす
(この時膝が前に出ないよう注意する)
3. 元の姿勢に戻る
4. 2と3を繰り返す

腰をしっかり落とすことができれば、より運動強度が高まり、20秒という時間でしっかり効果的なエクササイズが実現できます。20秒間実践したら10秒休憩し、次のエクササイズに取り組みましょう。

②スケータージャンプ(20秒)

1 2