1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

本好きにおすすめしたい都内のおしゃれな図書館7選

読書がもっと楽しくなる東京都内の魅力的な図書館をまとめてみました。

更新日: 2019年09月18日

54 お気に入り 14635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

たけるるさん

■北区立中央図書館

「赤レンガ図書館」の名で親しまれているレトロモダンな建物の図書館。弾丸製造工場として建てられた赤レンガ棟の三角の屋根、丸い窓、格子状の窓枠などは異国の建築物のよう。

東京都北区十条台1-2-5
JR「十条駅」から徒歩約12分

平日・土曜日 午前9時から午後8時まで
日曜日・祝日開館日 午前9時から午後5時まで
○第1・3・5月曜日は休館日です。

長い歴史を見つめてきた赤レンガ棟は、近代産業の歴史や当時の建築技術を知る上で貴重な建造物です。そのため北区立中央図書館には、本好きだけでなく建築を学ぶ人や建築物好きも数多く足を運ぶそうです。

■深川図書館

清澄庭園の隣にある図書館。東京市から江東区に移管された歴史ある図書館です。建物自体は改築されて、その当時からのものではありませんが、区立図書館にしては荘厳な外観をもつ建物です。

江東区清澄3-3-39
都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口徒歩7分

月~土曜9:00~20:00
日曜・祝日・12月28日9:00~19:00

定休日
第3金曜(祝日の場合は開館し、第3木曜を休館)
12月29日~1月4日

館内の二階へと続く階段にはステンドグラスがあしらわれ、趣きあるディテールと曲線で静かに訪れた人の視線をうけとめ、館内に穏やかな光を落としています。

■武蔵野プレイス

武蔵野市境南町2-3-18
武蔵境駅南口から徒歩で1分

開館時間:9:30~22:00
休館日:水曜日(祝日と重なった場合は開館し、翌日が休館)、年末年始、図書特別整理日

それぞれの空間は、壁と天井が曲面でつながったシェル(貝殻)状のかたちになっており、身体的な居心地のよさをもたらすようにデザインされています。

■豊洲図書館

2015年9月24日、「江東区 豊洲シビックセンター」が豊洲駅前にオープンしました。注目すべきは9〜11階(一部)を占める「江東区立豊洲図書館」。高さを利用した開放的な眺めと自然光が明るく、木の温もりを感じられる気持ちのいい図書館になりました

東京都江東区豊洲2-2-18江東区豊洲シビックセンター9階・10階・11階
豊洲駅より徒歩2分

開館時間
火曜日から土曜日 9:00~20:00
日曜日、祝休日 9:00~17:00

休館日
毎週月曜日(祝休日にあたる場合は翌日休館)
毎月第1金曜日(1月・5月は除く)
年末年始(12月29日~1月4日)
特別整理期間(6月16日~19日)

3面ガラス壁面による抜群のロケーション、現代の里山をコンセプトとしたテラスなど、他の図書館とは少し異なったテイストになっています。

■国立国会図書館 国際子ども図書館

国立国会図書館に所属している図書館分館です。施設は、東京都台東区上野公園にあった旧帝国図書館の庁舎を、一部改修して利用しています。

1 2