1. まとめトップ

あいみょん推しの「ココアシガレット」にも健康ブーム到来!?

あいみょんもお気に入りの駄菓子「ココアシガレット」タバコを吸っているような気分になってかっこいい?んだけど、駄菓子の世界にも健康志向で「シガレット」に変わるものが出てきました!

更新日: 2019年09月26日

1 お気に入り 475 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

昔なつかしの駄菓子「ココアシガレット」、発売68年目にして過去最高の売り上げに到達しそうなんだとか!それでも、駄菓子の世界にも健康志向で「シガレット」に変わるものが出てきました!

eigo01さん

タバコをすっている大人が”かっこよく見えた”子どもの頃

老舗駄菓子メーカーのオリオンのロングヒット商品、1951年発売の「ココアシガレット」
子どもの頃、指にはさんでタバコを吸うマネをしながらしゃぶりませんでしたか?

68年前、発売当時は一個5円でしたが、現在の価格は30円。
ピーク時は年間1800万個も販売実績があったのだそうですが、

なんと、ここに来て、
過去最高を更新する勢いで売り上げを伸ばしているのだとか。

外国人観光客の需要が拡大

駄菓子といえば「ザ・日本のお菓子の代表」
日本子ども達向けに考えられ、
味や形など世界のお菓子と比べると日本独自に「ガラパゴス化」していて
実際他の国には無いジャンルなのですが、

実は、東南アジアには「30年以上前から進出」しており、
現地の人たちにもおなじみのお菓子なのだとか。

そのせいか、インバウンドの波にものって日本土産として
「まとめ買い」する観光客も増えているのだそうです。

あいみょんのインスタグラムで大きな反響が!?

シンガーソングライターの「あいみょん」さんが
自身のインスタグラムにココアシガレットを指に挟み、
タバコを吸っているようなポーズを投稿したところ、
たちまち10万件以上の良いねが集まりました。

「懐かしい、自分もよくタバコ吸ってるふりしてた」。

「タバコかと思いきやのココアシガレットはかわいい…」

「タバコやめよ」

「懐かしのココアシガレット、よくやったなあ。遠目で見たら本物のタバコに見えた」

「子供の頃、自分もよくタバコ吸ってるふりして遊んでましたわ~(笑)

コメントの中には、ココアシガレットを本物のタバコと勘違いしたのかもしれませんね。

健康志向の高まりで、ココアシガレットが変貌?!

たとえ、お菓子のタバコにも”健康志向の波”が押し寄せた?

パロディーお菓子を得意とするオリオンが繰り出したのは
 過熱式タバコ【IQOS(アイコス)」をモチーフにした、

「myCOS(マイコス)」!

知名度のあるアイコスと、舞妓さんのイラストがインバウンドの需要を
見事にキャッチしてブレイク。

18年6月に発売し、19年に入ってアマゾンの食玩部門ランキング1位を獲得。

当初は、
IQOSの製造元フィリップ・モリスからクレームを受けたけど、
「myCOS」に変えることで切り抜けたそうな。

むしろ、こっちのほうがしっくり名前かもしれませんね。
機転をきかせてピンチを乗り切ろうとする、
大阪商人のサービス精神としぶとさを実感するエピソードでした。

気になる”マイコス”のお味は・・・・?

オリオン社より画像提供

【脳天直撃ミント味】だそうです(笑)

ぜひ試してみてください。

個人的には、舞妓さんを連想させるシルキーな舌触りで、
ミルキーな味がいいかなぁとおもましたが、

あなたはいかがでしょうか?

myCOSにツィッター民も大反響

@Ja91Nh 後継者不足に輪をかけて、駄菓子屋自体が減っているのも廃業の一員かも。 店先にインベーダーゲーム筐体を置き、店内は所狭しに駄菓子や玩具が並んでいた駄菓子屋は見かけなくなりましたね。 さっき、帰りに100均寄ったが、ココアシガレットは無く、代わりにIQOSならぬmyCOSを買いました(笑)。 pic.twitter.com/fWJaZ2guDW

あぁ、こういう物も世の中には有るんだな(˘ω˘) 商品開発の会議ではどの様な言葉が交わされたのだろうかと、いま色々妄想中… #マイコス pic.twitter.com/bS8MwqDep5

1