1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

生活に重くのしかかる増税問題。。

1989年、平成元年にスタートした消費税。当時の税率は3%でした。その後5%になり、8%に上がり、令和元年の今年、10%に増えようとしています。

10%といえば、商品代金の1割ですから、いよいよ家計に重くのしかかる感じがしますよね。

SNSでは増税を嘆く人が続出・・・。

増税前セールに疲れた人です。もう嫌だ何も見ない。。。

物価値上がりしてる中の増税って辛い。灯油はどのくらい上がるんだろう…

消費税アップの影響で変わりそうな暮らしのこと

◼︎ なるべく外食などを控えて、自炊・内食をする人が増える!?

消費税増税後の10月からは小売りや外食チェーンなどで酒類を除く飲食料品などを購入すると、持ち帰りの場合は8%の軽減税率が適用される一方、店内飲食の場合は10%の標準税率となる。

飲食料品は平均で家計消費の4分の1を占めていると言われています。増税後は家計の負担を考えて財布の紐は締めつつ、上手く増税と向き合う工夫が必要とされそうです。

◼︎ 副業で収入を増やす人が急増する?

物価の上昇や消費税増税が控えているにもかかわらず、給与はなかなか伸びないという状況下で、節約ムードだけではなく、積極的に仕事を増やすことで収入を増加させて家計を楽にしようとしている傾向が読み取れる。

◼︎ いよいよキャッシュレス時代の到来!?

消費税増税とともに実施予定なのが、キャッシュレス決済によるポイント還元です。

消費税増税後の10月1日以降、対象店舗でキャッシュレス決済によってものやサービスを購入した場合、消費者にポイントで負担額が還元される可能性があります。

すべてのキャッシュレス決済が対象ではありませんが、利用する店舗によっては購入額の最高5%のポイント還元が見込まれます。

◼︎ 軽減税率導入で残業が減る?!

実際、支社・支店の多い企業では8%から2%上がるだけで水光熱費の負担額は相当なものになるでしょう。

1 2