1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

ラガモさん

“日本語ラップの元祖”とも言われる

歌手、作詞家、作曲家、ラッパー、俳優、タレントである。青森県北津軽郡金木町(現・五所川原市)出身。青森県在住。

アメリカのLPレコードでラップ音楽に触れ、そこから着想を得て作った。

方言を駆使しながらリズミカルに展開されるフロウ(=歌い回し)と、いわゆる「ケツで踏む」ライム(=脚韻)が後の日本のラップシーンにも大きな影響を与え、“日本語ラップの元祖”とも言われる

そんななか、35年ぶりにラッパー吉幾三が華麗に復活

「TSUGARU」は、現在も津軽で暮らす吉さんが全リリックを津軽弁で書き上げており、もはや洋楽よりも歌詞の理解が難しい楽曲に。

吉幾三「TSUGARU」MV(2019年9月12日配信リリース)

配信に際して吉さんのコメント動画も公開され、「みなさんには意味分かりません。津軽に住んでる人でも年配の人しか分からない」と断言しています。

ネットからは様々な声…たとえば、何言ってるのかわからない

吉幾三さんのやつ、全然何言ってるかわからないし字幕見ても意味がわからなかったけど癖になるな…

何言ってるかさっぱりわからないけど、なんかとてもいいw 吉幾三「TSUGARU」MV(2019年9月12日配信リリース) youtu.be/UVAWjRnMQfM

吉幾三「TSUGARU」MV(2019年9月12日配信リリース) youtu.be/UVAWjRnMQfM @YouTubeより こういう意欲的なところ本当にカッコいい。だがしかしbut…津軽弁何言ってるかわからない。本当に日本か。これで綺麗な方の津軽弁って。

反対に理解できてしまう人たちの声も

我が吉幾三大先生のラップが『何言ってるかわからない』と言われているけど、理解出来すぎる私からすれば、これのどこがわからないのかがわからない

何を言ってるかわからないと話題だが、全て何を言ってるかわかっちゃってツライww ヴッヴッww #津軽弁 #津軽出身 #吉幾三 #日本ラップ界のパイオニア #満を持して 吉幾三「TSUGARU」MV youtu.be/UVAWjRnMQfM

1.25倍速で聴くとカッコイイみたい

吉幾三「TSUGARU」MV(2019年9月12日配信リリース) youtu.be/UVAWjRnMQfM これを1.25倍速で聞くのが最近のプチマイブーム

吉幾三「TSUGARU」MV(2019年9月12日配信リリース) youtu.be/UVAWjRnMQfM @YouTubeより 1.25倍速で聞いてみてほしい 最高にクール

さらに字幕をオンにすると、カオスな状況に

1 2