1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■関東地方に大きな爪痕を残した台風15号

中心気圧955hPa・最大風速45m/sの「非常に強い」勢力を保ったまま関東地方に接近し、9日未明に千葉市付近に上陸。

千葉市で最大瞬間風速57.5mを記録するなど、関東地方に上陸した台風では過去最強クラスだった。

■あれから1週間が経過…被害の全容がようやく見えてきた

インフラ(電気、水道など)の被害

高さ40mを超す鉄塔の倒壊、電柱の損壊は2000本以上に上っているほか、「倒木が非常に多い」エリアもあり、停電の長期化を招いている。

千葉県山武市の山間部では、水道の代わりに地下水をくみ上げ利用している家庭も多いが、停電などでポンプの動力が得られていない。

もともと浄水場などの水道設備の非常用電源の数が少なかったり、燃料の備蓄が少なかったりと、災害時の備えの不十分さが浮き彫りとなっている。

住宅被害

住宅被害が特に多い千葉県内では、17日午後4時時点の県集計で全・半壊、一部損壊、浸水合わせて約4千戸。

しかし、館山市や鴨川市、鋸南町など11市町村の状況は未反映で、特に館山市は全世帯約2万3千の半数程度が被害と推計。

県全体の実態は2万戸を超える見通しで、屋根をブルーシートで塞ぐなど「応急措置」を行っている家も多くある。

農林水産業への被害

茨城、千葉両県を中心に、農業用ハウスの損壊、停電の影響による牛乳廃棄の被害などが発生。

今後、被害額はさらに増える見通しで、政府は「被災された農林漁業者の早期の経営再開に向け支援策を早急に検討する」方針。

製造業などへの被害

東京湾に面した横浜市金沢区では、護岸が崩壊して隣接する工業団地に海水が流入し、約4㎢が浸水。

工場や事業所など約400社の約750棟で機械が損壊するなど被害が出ており、今後調査が進めば被害が増える可能性もある。

人的被害

消防庁によると、風にあおられて頭をぶつけた東京都の女性1人が死亡したほか、1都6県で180人が重軽傷を負った。

17日午後14時時点

また千葉県では、停電による熱中症が原因とみられる死者や、補修作業中に屋根などから転落して怪我を負う人が相次いでいる。

1 2