1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

Jでは低迷も…「アジアで強い」浦和レッズに様々な声

個の戦いが求められるACLと、組織力が求められるJリーグ。この2つを同時に戦うのは大変なんですね。

更新日: 2019年09月18日

3 お気に入り 7039 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■浦和レッズがACL準決勝に進出!

AFCアジアチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦が17日に行われ、浦和レッズは上海上港(中国)とホームで対戦。

■「Jリーグ&ACL優勝」を目標に掲げている今シーズン

昨季途中に就任したオリヴェイラ監督の下で天皇杯優勝を勝ち取った浦和は、FW杉本健勇やDF山中亮輔といった実力者を獲得。

■しかし、Jリーグでは低迷

開幕直後から失速

シーズン前のキャンプではトレーニングマッチを組んだのが1試合のみとフィジカル中心の構成となり、開幕直後から戦術的な積み上げを欠いて苦戦。

オリヴェイラ監督を解任

後任には昨季トップチームの暫定指揮官を務め、公式戦4勝2分という快進撃を牽引した大槻毅氏が就任し、巻き返しを図った。

ついには残留争いに巻き込まれた

得失点差で一気に15位まで転落し、J1参入プレーオフ出場となる16位鳥栖との勝ち点差は「4」と、残留争いに巻き込まれている。

■空席が目立つ埼玉スタジアム

ブーイングも拍手もまばら

平日開催という条件はあったが、13日のC大阪戦で埼玉スタジアムに集まったのは2万2,640人と、今季のリーグ戦で最少。

バックスタンド、メインスタンドだけでなく、ゴール裏にも空席が目立ち、ブーイングも拍手もまばらだった。

観客動員数は全盛期から約1万人減

1 2