1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

法務の任天堂が遂に動き出しただと…海賊版ROMサイトにそれぞれ億単位の賠償請求へ!!

任天堂といえば、法務が無敵と有名ですが、このたび海外の海賊ROMサイトに訴訟を起こしたと話題になっています。しかも額は、核数億円単位で額に驚きの声があがっています。最近任天堂の快進撃は凄いもので、訴訟でも凄い快進撃を見せそうですね。

更新日: 2019年09月19日

9 お気に入り 8698 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

任天堂の法務部は無敵といっても過言ではない

一般企業における法務部とは、企業に関する法律事務を請け負う部署であり、主にコンプライアンスや訴訟対応などを担当する。

これらの訴訟についても今回、取材を申し込んだが、残念ながら「古い過去の訴訟についてはお話ししておりません」との回答だった。

しかし、当時の報道や任天堂について書かれた文献などをひもとくと、その「伝説」の姿は浮かび上がる。

しかし全戦全勝というわけではなく、敗訴・若しくは限りなく敗訴に近い和解に至った事例もある。

そんな任天堂が海賊版ROMを訴えた…額は億単位!?

米国任天堂がニンテンドー3DSやNintendo Switch用ゲームの海賊版ROMデータを配布しているサイトに対して、巨額の損害賠償請求訴訟を起こしたことが報じられています。

訴えられた海賊版ROMサイトのRomUniverseは、年額30ドルの会員制であり、加入者には非加入者よりも高速かつ無制限に海賊版ゲームをダウンロードできると謳っていたとのこと。

訴えられた海賊版ROMサイトのRomUniverseは、年額30ドルの会員制であり、加入者には非加入者よりも高速かつ無制限に海賊版ゲームをダウンロードできると謳っていたとのこと。

米任天堂の訴状によれば、同サイトは「任天堂ゲームの海賊版サイトのうち最も訪問者が多くて悪名高いオンラインハブの1つ」であり、Switch用ゲームは30万回近く、3DS用ゲームは50万回以上もダウンロードされたとのことです。

今回の損害賠償請求額の大きさは驚くほどですが、海賊版ROMサイトは次々と生まれるだけに、任天堂も著作権侵害は割に合わないという見せしめを意図しているのかもしれません。

今後の任天堂の快進撃に注目したい!!

大企業になるまでには成功体験がはびこっていて、それを持った高齢の方が君臨し、新しいことができにくくなります。

任天堂という会社は伝統もあり、だんだん腰が重くなって新興ベンチャーのスピード感についていけなくなるのかと思いましたが、こんな製品が出てくるということは将来明るいですね。

Nintendo Switch(以下、「Switch」といいます。)の売上が絶好調であり、それを支えているのは緻密な発売計画。

非常に強い流れで、向こう一年を見ていきそうだと感じました。

ゲームも好調で、裁判も絶好調ならいうことなしですね。

様々な声が

1件2億円はすごい。見せしめによる抑止と考えれば効果的かも / 他5件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/s/japane… “任天堂、海賊版ROMサイトに権利侵害1件ごとに2億円以上の損害賠償を請求 - Engadget 日本版” (15 users) htn.to/hWdHHnFk8q

任天堂、海賊版ROMサイトに権利侵害1件ごとに2億円以上の損害賠償を請求 ch.nicovideo.jp/fabloid/blomag… #blomaga いいぞもっとやれ!私はね・・ゲームが無料で出来るのが当たり前と思ってるアホと漫画が無料で読めるんぼが当たり前とおもってる馬鹿が大嫌いなんだよ!!

1 2