1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

連ドラ5クール連続出演!怪演女優「松本まりか」の勢いが止まらない

2018年冬ドラマ『ホリデイラブ』で、“あざと可愛い”キャラクターが注目され、ブレイクした「松本まりか」。その後、連ドラレギュラー女優として定着するとともに、ゲスト出演した作品でも怪演で必ず爪跡を残す実力派。2019年秋ドラマ「死役所」にもレギュラー出演決定。クールな自殺課職員を演じる。

更新日: 2019年10月14日

8 お気に入り 72056 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆ドラマ『ホリデイラブ』でブレイクした「松本まりか」

『ホリデイラブ』(2018)

松本まりか

昨年放送されたドラマ『ホリデイラブ』で魔性の女・井筒里奈を演じ、その「あざと可愛い」キャラクターが注目され、大ブレイクした。

甘えたような声とゆるふわなルックスとはうらはらに、ドス黒い計算高さを隠し持っていた里奈は、「あざとかわいい女」として反響を呼び、同時に松本の知名度は急上昇。

◆実は16歳でデビュー 18年間の下積みを経験した松本

『六番目の小夜子』(2000)

左から松本まりか、鈴木杏、山田孝之

突然注目されたが、実を言うと、芸歴は長い。99年にスカウトされたのが芸能界入りのきっかけで、翌年のドラマ『六番目の小夜子』(NHK教育)で、主人公の鈴木杏の親友役として16歳でデビュー。

同時にNHK大河ドラマ『葵~徳川三代』では千姫役で出演と順調な滑り出しでした。ところが、なかなか芽が出ませんでした。

◆ブレイク後は次々とドラマに出演、怪演で爪跡を残す

『緊急取調室 3rd SEASON』(2019)

松本まりか(左)と天海祐希(右)

松本まりかが、上川隆也主演のドラマ『遺留捜査』の第5話に出演。『ホリデイラブ』で披露した“怪演”を思い出させるシーンが登場し、インターネット上で「流石!」と注目を集めた。

2018年7月期

吉岡里帆主演のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」でも、ヒステリックにわめき散らすシングルマザー・丸山梓を演じ「井筒里奈の再来」と喜ぶ視聴者が続出した。

2018年7月期

『緊急取調室 3rd SEASON』第4話は連続殺人事件の被疑者として逮捕された男の姉役・松本まりかが、一見おとなしそうだが底知れぬ闇を抱えた様を迫真の演技で見せた。

2019年4月期

◆『ブラックスキャンダル』以降は連ドラレギュラーも定着

『ブラックスキャンダル』(2018)

松本まりか

回を重ねるごとダークな復讐劇が反響を呼んできた山口紗弥加主演のドラマ『ブラックスキャンダル』。主人公・矢神亜梨沙(山口)の整形前の藤崎紗羅を演じる松本まりかの鬼気迫る演技は、物語の骨格である復讐のリアリティーを支えてきた。

2018年10月期

土曜ドラマ9「神酒クリニックで乾杯を」。神酒クリニックの産婦人科医/小児科医で働く夕月ゆかりを松本まりかが演じる。医療の腕はピカイチだが、色気を使いクリニックの“裏の仕事”で女としての魅力や、得意のどんな音や声でも出す声帯模写を使い活躍する。

2019年1月期

三浦春馬主演「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」。主演の三浦が演じる雨村慎介の恋人で、記憶を失った彼を気遣いながらも秘密を抱えている村上成美役を松本まりか。

2019年春ドラマ

◆今夏の『奪い愛、夏』では水野美紀との「怪演」俳優競演も話題に

『奪い愛、夏』(2019)

松本まりかと田中みな実

水野美紀主演のドラマ「奪い愛、夏」。鈴木おさむ脚本の同ドラマは、主演の水野と共に、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平、松本まりかの“豪華怪演陣”が集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。

第6話が放送され、登場人物全員が狂乱する姿に「まともな人が一人もいない!(笑)」と騒然となっている。さらに、次回予告では「衝撃のラスト二回」と杏が狂った表情を浮かべ滝修行をしているシーン。

杏役:松本まりか

◆秋ドラマ『死役所』のレギュラー出演も決定

情報解禁 シ役所メンバー 続報‼️ 笑顔を見せないクールビューティー、自殺課で働く ニシ川 役は #松本まりか さん✨ 生前は美容師で、シ役所内でも仕事ができると評されています✂️ #死役所 #あずみきし #松岡昌宏 #テレビ東京 pic.twitter.com/N8i46abyQ4

10月16日(水)より放送の「死役所」(毎週水曜夜0:12-0:52、テレビ東京系)に、黒島結菜と清原翔、松本まりか、でんでんの出演が決定した。

同名漫画を、松岡昌宏主演で初映像化。あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、ミステリアスで闇深い、シ村こと市村正道(松岡)が、自殺や他殺、病死などで亡くなった人々の行き先を決める。

松本は美人で仕事ができるが笑顔はなく、口が悪い、生前は美容師だった自殺課の職員・ニシ川役。

1 2