1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

老後を心配する若者たち

年金財政の状況を考えると、現時点との比較で2~3割の減額は必至であり、若い人にとっては、何の期待も持てない制度になっている

現在20歳の若者が、今年65歳の人と同等水準の年金を受け取るためには、68歳9カ月まで働き、保険料を納め、年金の受給開始年齢も同様に遅らせる必要があるのだという。

将来への不安が大きいようで・・・

若い世代の多くは、公的年金に対してほとんど期待しておらず、老後を公的年金に頼ることはできないと考えている。

20~30代の未来に対する夢も希望も幾らでも膨らませることができる世代がそのように考えているなんて。

生まれた時から景気が悪く・・・

この世代の人たちは総じて、「消費意欲が低い」「家計は堅実」「将来に対する不安が強い」という特徴があるのです。

GDPが円安で少し伸びたから,あるいはトヨタが最高益を上げたといっても,そんなことは他人事だ。

老後に備えて2000万円貯金が必要と政府が呼びかけた件 本当に若者に厳しい世の中ですね。 20代は生まれたときくらいにバブルが崩壊して、リーマンショック、東日本大震災も経験して、将来の不安に晒されてますね。 自分たち若者は自分の身は自分で守らないとですね

こうした不安によって・・・

20代の単身世帯の保有金融資産って、中央値で見ると「ゼロ」なんです。このデータ、衝撃的って言われるんですけど、「投資とか貯蓄って言われても、そんなお金ないよ」というのが私たちの世代の現実

将来が見通せないから、結婚、出産、マイホーム購入といった、従来型のライフイベントに踏み切れない。

結婚はしたいが・・・

「あなたは将来、結婚したいですか?」という質問に「結婚したい」と答えた男性は72%、女性は77.8%

未婚の17~19歳男女800人に実施した意識調査

早く結婚して自分の家庭を持ちたいという希望がある一方で,将来結婚している,あるいは子育てをしているといった将来イメージを持つことができていない。

損得勘定を超越した出来事がない限り、先の見えないライフイベントという扉を開けることができなくなっている。

結婚はあんまりしたくない 今の生活は好き でもひとりになるのは凄く凄く怖い あと家族をもって責任を背負いたいっていうプライド、今なにも背負ってない劣等感がある 自分の稼いだお金で家族全員が養えて、自分の稼いだお金で買った家に住めるっていいな いろんな意味でハードル高い

怖くてお金が使えないという人も

「将来が不安でお金を使うことができません。貯蓄は増えているけれど、つまらない毎日で、このままでよいのでしょうか…」

「お金を使わずに少しでも貯蓄しよう」という思考になってしまう人も少なくないようで、実際、若い世代を中心にお金を使わない傾向

1 2