2008年、当時のマネージャーから電話があって、事務所に行ったら「デビューしませんか」という話で…3回くらい断りました。
2回目に「DA PUMPの新メンバーとして加入してほしい」と言われて、ただのアーティストではなく、ダンスに対する思いや能力も本物だと思って、メンバーを尊敬していた。
ここにいたら自分のダンスをメディアに発信できるかもしれないと思ったんです。
ただ、自分のダンスチームに相談したら「合わないよ。お前はダンスが好きすぎるから絶対合わない」と言われて、「そうだよね」とまた断ったんです。
3回目は本人たちに会って話して、やっていることに対してのリスペクトはあるし、メンバーから「お前の能力が必要だから、俺たちに力を貸してくれないか」と言われて。
僕はダンスしかできませんし、踊ることしか好きではありませんと話したら、それでもいいと話してくれて、この人たちとやっていこうと心に決めました。
DA PUMPに入って、やっぱり自分はダンスが好きだと改めて実感しました。

出典KENZO|世界大会8年連続優勝!世界的ダンサーのスゴい人! | 日刊スゴい人!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【2019】DA PUMP(ダパンプ) KENZOダンス世界大会優勝で13冠!世界No1.ダンサーに

U.S.Aで人気絶頂!なDA PUMPのメンバー、KENZOが、ダンスの世界大会で優勝!アーティストとして活躍しつつ、ダンサーとしても輝き続ける彼の魅力をまとめました!さすが世界No.1ダンサー、愚直にダンスを極め続ける姿がかっこいい!

このまとめを見る