1. まとめトップ

アメコミ界最強ダークヒーロー『ヘルボーイ』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年9月第4週末公開の「おすすめ映画」5作品。『宮本から君へ』、『惡の華』、『任侠学園』、『ヘルボーイ』、『ホテル・ムンバイ』。

更新日: 2019年09月29日

1 お気に入り 1453 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『宮本から君へ』(9月27日公開)

新井英樹の同名コミックを原作に、池松壮亮が主演を務めるテレビドラマの劇場版。

社会で生きていく意味を見出せない未熟な文具メーカーの若手営業マン・宮本浩(池松)が、失敗を重ねながら、がむしゃらに突き進む姿を描くヒューマンドラマ。

ドラマでは宮本のサラリーマンとしての日々に焦点があてられたが、劇場版では、宮本とヒロインの中野靖子を中心に繰り広げられる“極限の人間賛歌”が描かれる。靖子役はドラマに引き続き、蒼井優が務める。

『宮本から君へ』試写。池松壮亮と蒼井優の配役が素晴らしい。この映画だけ見ても面白いのだか、原作を読んでおくと(後でもいいけど)より楽しめる。まぁよくあの尺にまとめたものだ。宮本浩次×横山健による主題歌もサイコー! #eiga coco.to/movie/87476

『宮本から君へ』試写☆『ディストラクションベイビーズ』が衝撃的傑作だった真利子哲也監督。漫画の実写化で前作と異なる愛憎劇。やはり疾走感と暴力場面が秀逸!怪童・一ノ瀬ワタルとの階段決闘場面は必見池松壮亮主演、蒼井優、井浦新ら熱演だけどピエール瀧との再会が嬉しかった pic.twitter.com/FJD4U61Iuq

◆『惡の華』(9月27日公開)

テレビアニメや舞台化もされた押見修造の同名人気コミックを井口昇監督が実写映画化。

内向的な文学少年・春日高男と、彼につきまとうクラスの変わり者・仲村佐和の奇妙な“共犯関係”を描く物語。

ドラマ「今日から俺は!!」などの伊藤健太郎、『わたしに××しなさい!』シリーズなどの玉城ティナ、『青夏 きみに恋した30日』などの秋田汐梨、『きょうのキラ君』などの飯豊まりえらが出演する。

映画『#惡の華』観てきました。 試写自体観たのは結構前なんだけど早すぎたので今になりましたが、すごく良かったです! 質感がたまらなく良くて、春日くんと仲村さんが原作から飛び出てきたのかと思った。最高。 絶望感、焦燥感、閉塞感に胸を締め付けられて、でもそれが惡の華で、咲き乱れてました。 pic.twitter.com/k7dRlLtG9Q

惡の華、最速上映試写会行ってきました。あんなイケメン春日に感情移入できるわけないじゃんって思ってたけど最高に春日が流れ込んできた。そしてなによりも素晴らしいティナさんの仲村さん…もうほんと…グァーっとした。いや凄すぎるから観てほしい #惡の華

◆『任侠学園』(9月27日公開)

西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務め、社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザたちの奮闘を描いた今野敏の人気小説「任侠」シリーズを映画化したコメディ。

地元密着型ヤクザ・阿岐本組の組長は社会貢献に目がなく、No.2の日村は振り回されてばかり。今度は経営不振の高校の再建を引き受け、日村は学園へ向かう。

監督は「劇場版 ATARU」や『民王』などのテレビドラマを手がけた木村ひさし。次々に厄介な案件を引き受ける組長の阿岐本を西田敏行が、組長の気まぐれで高校の理事となる羽目になるNo.2の日村を西島秀俊が演じる。

試写会で任侠学園見てきたけど、本当に面白かった‼随所に笑えるシーンが盛り沢山で、泣けるシーンもあって、今年見た邦画で1番好きかも!

#映画任侠学園 の試写会に行ってきた。 ヤクザが経営が傾いた学校を立て直す!ほのぼの爆笑映画です。 西島さんってヤクザやっててもカッコいいんだよなー。 映画観てる間、あちこちで笑い声が聞こえるほど面白い映画なので笑いながら見てほしい。 #任侠学園 #映画 pic.twitter.com/5pjVZKrrcG

◆『ヘルボーイ』(9月27日公開)

2004年にギレルモ・デル・トロ監督で映画化された人気コミックを原作者マイク・ミニョーラの完全監修で再映画化。

1 2