イマジナリーフレンドとは、直訳すると空想の友達で、その名の通り、本人が頭のなかで創りだした友達で、作成者と会話をしたり、視界に映し出して一緒に遊んだりすることもある。ちなみにイマジナリーフレンドは、人の成長過程では決して珍しいものではなく誰にでも起こりうることなので、イマジナリーフレンドがいることそのものは怖いことではない。

ただ、多くの場合、幼年期のみに現れ、成長とともに姿を消す存在であり、いつまでも存在していると解離性同一性障害(二重人格)等の原因にもなるおそれがあることを指摘されている。

出典意味が分かると怖い話【解説つき】 - 僕には最高の友達が一人いる

前へ 次へ