1. まとめトップ

安倍首相のラグビー応援ツイートが大炎上だと…様々な声があがっている!!

ラグビーのワールドカップが開催されました。初戦はロシアを破る快進撃で盛り上がっていますが、安倍首相も率先して応援しています。そんな中、首相の応援ツイートが大炎上して話題になっています。千葉県の事を考えろとのことですが、国のリーダーは切り替えが大切ですよね。

更新日: 2019年09月22日

1 お気に入り 2716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

安倍総理のツイートが物議を醸している

日本で初めてとなるラグビーワールドカップが、いよいよ本日開幕です! 強豪たちによる、世界中に感動を与える熱戦を、大いに期待しています! pic.twitter.com/fv2M0l8slT

ラグビーW杯日本大会がこの日に開幕するとあり、安倍晋三首相が日本代表ジャージのレプリカを着用して「いよいよラグビーワールドカップがここ日本で開幕します!」などとほほ笑んでいる動画を投稿した。

安倍首相が「ここ日本で開幕します!」と述べると左方向からラグビーボールが投げられ首相がキャッチ。

台風15号の影響で千葉県は今なお停電と断水が続いている地域があり、返信には「こんなことやる前に千葉県の事もっと考えてやれよ」などと批判的なものが多く見られた。

確かに千葉県は大変な事になっているが…

台風15号は関東では過去最強クラスの勢力で2019年9月9日(月)に千葉市に上陸。

関東各地や静岡県で停電や倒木が相次ぎ、千葉県を中心に停電や断水など大きな被害がでました。

大規模な停電と断水が長期化し、例えばマザー牧場(富津市)のように建物の損傷などを理由に臨時休園している観光施設もある。

台風15号による停電が長期化している問題で、電力会社による情報提供のあり方が批判を招いている。

東京電力パワーグリッドは当初、2日程度で停電を解消できるとの見通しを示したが、その後、おおむね1週間、さらには2週間へと見通しを変更した。

そうした中で、千葉県知事やマスメディアなどから、東電の「想定の甘さ」を指摘する声が相次いだ。

何はともあれ日本代表には頑張って欲しいですね。

4年前の9月19日、英国・ブライトンの地で日本が南アフリカを破った試合は、W杯史上最大の番狂わせだった。

今回のW杯、アップセットの香りが漂っている。アジアで初めて行われる大会、なにが起きても不思議はない。

世界3大スポーツイベントのひとつであるラグビーワールドカップが初めてアジアで開催されることとなった2019年日本大会に向けて、こうした「一生に一度」の機会を同地域での競技振興に最大限に活かすべく、あらゆる努力がなされています。

タグティーチャーの総数が9,603名に達し、今後はそのスキルとともにタグラグビーのセッションにおける牽引役としての活躍が期待されています。

前回のようにノーマークとはいかないですし、決して甘いものではないですけれど、それでも今回の日本はある程度は期待していいと思います。

様々な声が

首相官邸ツイッター荒れる…安倍首相が笑顔でラグビー動画…「千葉のこと考えて」 daily.co.jp/gossip/2019/09… なんか「自衛隊が赤飯食ってるのは不謹慎だ」みたいな話。総理だってずっと復興に動けば良いわけじゃなくて、自分の役割はやってる。逆に被災地に乗り込んで現場を混乱させる誰かよりマシで。

1 2