1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ
20 お気に入り 51134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

接近注意!

naokana135さん

◇西岳崋山「中国」

中国において、花崗岩が露出した険しい山肌が続く景勝地として知られ、国家級風景名勝区に指定されている

無数の石段が作られており、一部には断崖絶壁の上に作られた20cmほどしかない足場や桟道を通って行かねばならない場所があり

一番の難所はやっぱり「長空桟道」と名付けられた絶壁に張りだした幅20~40センチほどの「道」でしょう。

長空桟道は標高2,000mという高さの垂直に切り立っている崖に作られている登山道で、世界一危険な登山道とも呼ばれています。

絶壁に挑む猛者の旅 陝西省華山「長空桟道」 中国北西部・陝西省に位置する華山の桟道には、夏休みの間、探検を好む多くの人がやって来る。(新華社日本語ニュースサービスより) pic.twitter.com/vsmOTgqeYp

◇王の小道(エル・カミニート・デル・レイ)「スペイン」

スペインにある「王の小道」は峡谷の断崖絶壁に設置された危険な歩道だ。道幅1m未満の狭い桟道が全長3㎞にわたって続いている。

道の荒廃・崩落が進んで廃道と化し、21世紀初頭には基本的に立ち入りが禁止されたが、クライミング目的の観光客がよく訪れ、危険な道として知られていた。

治水工事のための移動用として1905年に完成したのだが、1921年に当時の国王がダム完成式典に出席する際に通行したことから「王の小道」と呼ばれるようになったそうだ。

王の小道はロッククライミングの名所と言われるエル・チョロ (El Chorro) という場所から始まっていることもあり、ロッククライマーの憧れの地となっていきました。

安全柵が施され、道は強化されましたが、それでもなお断崖絶壁にある恐怖の道であることには変わりありません。

◇デビルズプール「ビクトリアの滝」

『デビルズプール』 世界三大瀑布の一つで、ジンバブエとザンビアの国境にあるヴィクトリアフォールズ。 その滝が流れ落ちる高さ100m以上の所に、世界最恐『デビルズプール』は出現します(9〜12月の乾季限定) これは怖すぎる… 命は落としたくないけど一度は体験してみたいプールですね…。 pic.twitter.com/Xjs3oo0qpY

「世界三大瀑布」と呼ばれるヴィクトリアフォールズで出来るアトラクションで、乾期の9月から1月に行くことが出来ます。

【ジンバブエ】 ビクトリアの滝 世界最大級の滝。この滝の幅は1700m、最大落差は150m、その水量は最大時には毎分5億?に達する。「デビルズプール」という、滝の端っこにある天然プールがあります。 pic.twitter.com/Aakqe84E5x

おはようございます!! 今日はデビルズプールに来てます!! 今日も一日頑張って行きましょうね! pic.twitter.com/HoqUTY822X

これが、世界一危険なプールと言われる所以であり、今にも滝に落ちそうなギリギリなところにあります。

◇マラカイボ湖「ベネズエラ」

世界一雷が落ちる都市ベネズエラのマラカイボ湖。1秒に1回以上雷が落ちる事もある現象が想像を遥かに超え常軌を逸している。 pic.twitter.com/ZBLO0QdlTA

南アメリカ大陸最大の湖であるマラカイボ湖は世界一雷の発生する場所と言われている。

一年のうち200日以上は雷が降っているらしく、落雷が無い日の方が珍しいのだとか。

1 2