1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

shogo_y8さん

こんなにゲーム出してるのに来年は睡眠を促すポケモンスリープ出そうとしてるのなんなん?

■ポケモン事業戦略発表会2019において

ゲームフリーク常務取締役の増田順一氏が登壇。ゲームボーイの時代から現在までシリーズが続き,さらに「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ」や「Pokémon GO」といった新機軸のタイトルのリリースにより,ここ数年でポケモンを取り巻く環境は大きく変わったと増田氏は述べる。

新たに着目したのが「睡眠」である。ここで,人間が生きるうえで大きな時間を費やす睡眠をエンターテイメント化するという「Pokémon Sleep(ポケモンスリープ)」が発表された。

『ポケモン GO』が現実世界をポケモンと共に冒険する体験を生み出すことによって、ポケモントレーナーになった人の歩く時間や移動時間をエンターテインメントに変えたように、『ポケモン スリープ』では人々が寝る時間、休息時間をエンターテインメントに変えることに挑戦します。

ポケモン×外出は一つの大きなムーブメントを起こしました。
ポケモン×睡眠は、どのような結果をもたらすか楽しみです。

■「Pokémon Sleep(ポケモンスリープ)」現時点で明らかになっていること

「睡眠」をテーマにしたゲームアプリで、コンセプトは「朝起きるのが楽しみになるゲーム」

睡眠に関連し、任天堂はポケモンGOの時計型連動デバイスの新製品「ポケモンGOプラス+」を発売する予定。

新デバイス開発を担当した「任天堂」のハードウェア開発部・丸山和宏氏は、『ポケモン GO』が遊べるデバイス『ポケモン GO Plus』の機能はそのままに、眠っている時間の計測機能がプラスされていることを説明

「ポケモンGO Plus プラス」は昼は「ポケモンGO Plus」と同じように使用でき、夜は枕元に置くことで、内蔵された加速度センサーにより睡眠時間を計測。結果をBluetoothでスマートフォンに転送できるデバイスとなる

アプリ単体でもきっとポケモンSleepはできるのでしょうが「ポケモンGO Plus プラス」があれば、ポケモンGOとポケモンSleepをより快適に遊ぶことができそうですね。

■睡眠をエンターテイメント化する。その経緯とは・・・

節目ともいえる20周年にリリースされた『ポケモンGO』が、爆発的な人気を博した。その仕掛け役は、位置情報をゲームに採りこんだ米国のNiantic(ナイアンティック)だ。

NianticのCEOであるジョン・ハンケ氏は、同ゲームについて会見でこのように語っていた。

「ゲームを通して、世界を違った視点で見ることで、野外での活動を増やし、より健康なライフスタイルを送っていただくお手伝いをしたい。健康なライフスタイルに欠かせないのが、歩く事に加えて良く休むことだと考えています。健康的なライフスタイルの増進を念頭に置いて、開発を進めています」

NianticはARゲームの先駆者ともいえますね。
ポケモンGOで外出することをコントロールし、次は"睡眠を"と考えているようです。しっかり寝つつ起きるのが楽しみになることを期待したいです。

■今後は・・・

本作は,ポケモンとSELECT BUTTONが2020年のリリースを目指して共同開発

寝た時間や起きた時間など、「睡眠」をエンターテイメント化し遊びに生かす方法を任天堂やナイアンティックと一緒に検討しているとのこと

ポケモンSleepの続報が楽しみです。
さらに、それだけに留まらず、睡眠をエンターテイメントする方法を模索している任天堂とNianticにも注目したいです。

上記のようなグッズ展開の充実にもつながるでしょうか!?

1 2