「私を逮捕してくれませんか?」
交番の中の巡査に向かって男は声をかけた。
「なんだって、何かしたのですか?」
と警官が問うと、男は答えた。
「いえ、罪を犯しそうで怖いのです。とりあえず、話を聞いていただけませんか」
そう言うと、警官は男を交番の中に招き入れた。

「私は、小さい頃から夏になるとイライラしてどうしようもなくなりました。ある夏近所でアリを踏みつぶしたのです。そうすると、イライラが収まり、その夏はすがすがしい気分で過ごせました」
「良い趣味とは言えませんが、別に問題があるわけではないでしょう」
「次の年、同じようにイライラしてアリを殺しましたが、今度はイライラが収まりませんでした。次に、カナブンを踏みつぶしたところ、イライラがすっと引き、その夏も清々しい気分で過ごせました」

出典暑さ(難易度:☆) | 意味がわかると怖い話

前へ 次へ