1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

中くらいサツマイモ1本分103キロカロリーたんぱく質2 g総脂質0 g炭水化物24 g食物繊維4 g糖質7 gカルシウム43 mgリン62 mgマグネシウム31 mgカリウム542 mgビタミンA 2万1909 IUビタミンC 22 mg

luanamoanaさん

サツマイモは栄養満点!

サツマイモは確かに炭水化物を多く含みますが、これは別に悪いことではありません。

白いパンやスナック菓子などに含まれる炭水化物(単純炭水化物)と違い、サツマイモに含まれる炭水化物(複合炭水化物)は消化に時間がかかるため、エネルギーが長続きするのです。

天然とはいえ糖分ですよね、って? 大丈夫。サツマイモは、ブドウ糖の吸収を遅くしてくれる食物繊維もたっぷり。ですから、血糖値が急に上がったりしません。

つまり、健康にあまりよくないスイーツの代わりとして、すばらしい食品なのです。「サツマイモを食事に加えてヘルシーに」とアメリカ糖尿病学会(ADA)も支持しているほど

ガン予防

人間の脳や体に存在する糖脂質の一種であるガンクリオシドという成分が含まれており、がん細胞の増殖を抑える働きがありがん予防の効果が期待されています。

美肌効果

美肌を保つために必要なコラーゲンの合成の家庭に必要なビタミンCが豊富に含まれており、抗酸化作用のあるビタミンEも含まれているため美肌効果が期待できます。

ビタミンCとビタミンEのダブルの効果で肌にうるおいや張りを与えてくれます。

血圧の低下効果

サツマイモに含まれるカリウムは、ナトリウム(塩分)が身体に与える影響を減らし、血管の壁をしなやかにし、血圧を下げる大切なミネラルとなります。

それにサツマイモには、細胞にカリウムを運ぶのを助けてくれるマグネシウムも含まれています。

平均的なサツマイモには、ビタミンA(目の健康、骨の発達、免疫力に大切)が1日必要量の6倍

ビタミンAは脂溶性ビタミン。ですから、ヘルシーな脂肪と組み合わせて取ると吸収もアップ。オリーブオイルやアボカド、刻んだナッツなどと一緒にどうぞ。

アメリカ国立衛生研究所(NIH)によると、ビタミンAはサプリメントで摂った場合、摂りすぎると身体にとって毒性が問題になることがあります。でも、果物や野菜で摂るのなら(サツマイモの赤い色の元、ベータカロテンの形で)、多く摂りすぎても害にはならないそう。

血糖値が上がりにくい

血糖値が上がりやすい食品は脂肪に変わりやすいと言われています、血糖値が上昇する度合いを数値化したものを「GI値」といい、GI値が低いほど血糖値が上がりにくいのです。

他の炭水化物と比べるとご飯約84、うどん約80、食パン約88、パスタ約55などに比べてさつまいものGI値は55で血糖値が上がりにくい食材と言えます。

さつまいもにはデンプンが多く含まれていますが、レジスタントスターチが含まれるためGI値が低く、血糖値の上昇が緩やかで腸内環境を整える効果が期待できます。

免疫力強化

免疫六をアップさせるビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEが豊富に含まれています。
特にビタミンCは免疫に重要な白血球の働きを強化してくれます。

1