1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【悲喜】Twitter発・「父の自覚」に関するつぶやきが唸る【こもごも】

女性がいなければ成長できない男性たち、はもう卒業?日本人男性は「突然パパになる」発言から派生した、「父の自覚」に関するつぶやきが興味深い。

更新日: 2019年09月22日

59 お気に入り 110871 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今、Twitterで話題になっている「父の自覚」に関するつぶやきをご存知だろうか

初産ののプレママさんへ伝えたいこと。 1年近くかけてママになっていくのに対して、夫は突然「パパ」になります。 なので、自覚が出るまで同じく1年くらいかかるのです もちろん、初産だと余裕もないと思います。 うまくいかない・やらないことがあっても、できることから任せてあげて

「妊娠してるの見てるんだから、対等でしょ?」 って意見も分かります。 でも、身体で我が子を感じている女性と、視覚だけの夫では、やっぱり感じ方が違うのです 仕事で、出来てないことばかり責められたらツライじゃないですか。 やっぱり、一緒に子育てするパートナー。

「父親なんだから、しっかりしろよ!」といったところで、自覚が急に芽生えるわけでもない。 じゃあ、パートナーとよりうまくやっていくにはどうしたら良いかというと、「上手に育てる」ほうが結果的に、いい家庭運営につながる。と思うんですよね。

これをきっかけに「父の自覚」についてTwitterで議論に

結果として、「父の自覚」についてそれぞれの意見が出ることになった

□ ママもパパと一緒だよ

【初産のプレパパさんに伝えたいこと】 女性は「妊娠中に時間をかけてママになる準備をする」と言われますが、現実は妊娠中の心身の変化についていくので精一杯。 親としてのスタートは出産の瞬間、パパと同時です。 「二人で同時に親になる」と自覚して、新生活を立ち上げてくださいますように‍♀️ https://t.co/Vj9J0rfjdK

できれば妊娠中から、プレパパさんも「一緒に妊娠しているのだ」という気持ちでいたら、いろんなことがスムーズになると思います。 あなたのお子さんのパパはあなただけ。ママはパパにはなれないし、逆も一緒です。「どんな父親になりたいか」を早めにイメージしておくことをお勧めします!

他の方も言ってらっしゃいますが、妊娠出産がない分、父親はホルモンバランスや体のダメージに左右されずに「親」のステップを踏める、というアドバンテージがあります。 出産直後の母親は「大怪我をしている人」と思ってくださいね。

そして追伸で、プレママさんたちへ。 今の日本で父親になる男性のうち「将来育児をする父親になる」ように育てられてきた人は、まだ少数派です。それは以前の社会が「父親は育児をしない」ところだったから。 それでもあなたが彼を導く必要はありませんし、大切なのは「同時に親になること」です。続

その「親になる」過程でもし、パートナーさんと意識の温度差を感じたら、それは彼の個人的な性格のせいだけではないかもしれません。 「私たちが育った社会はそうだったんだ。今は違うんだ」と認識し、話し合い、その温度差を埋めて行って下さいね。 この度はご懐妊・ご出産、おめでとうございます!

□ さすがに乾いた笑い

「新米パパを新入社員だと思って教育してみて」「急に男性は父親になれません。できることからほめて育ててあげて」説 産婦人科医、しょっちゅう妊婦から「母親になる自信がありません」「かわいいと思えない」お悩みを聴きつつ待った無しで母親業の始まるのを見てるので、母親しんどいなって思います

@honohon74616184 実際マトモな両親多いので、今回ドヤ顔でコーチングしてるつもりの人に乾いた笑いが出てしまいまして

@tabitora1013 新米パパを「教育してみて」「ほめて育てて」って、産んだ子のほかにもう1人子どもが増えるんだよ〜って聞こえる。 母親シンドイですね。

□ 7年経つけどまだ・・・

僕は父親になると分かってから7年経つけど、父親としての自覚みたいなものは未だに希薄だと思う。話題になってからずっと考えてるんだけど、自分にそれがあるとはあまり思えない。 だから父親の自覚とかフワっとした言葉じゃなくて、

目の前に泣いてる乳児がいたら抱き上げよう、なんで泣いてるか考えて対応しよう、夜勤で寝られてない人がいたら交代しよう、やり方は調べよう、それをしつこくしつこく、父親がやることなのだと、伝え続けるしかない。 それは父親の自覚というよりは、人としてのあるべき姿だよ。

子育てコーチングの人は現状を踏まえてどうやれば父親を子育てに参入させられるか?という現実適応手法の話をしている。とけいまわりの人はあるべき理想の社会規範、社会理想の追求という政治運動をしている。現実適応手法が、望ましく無い現状の肯定だとして政治運動家から批判されるのはよくある。

話題になっているmentaneさんの分類から言えば、僕が言っているのも社会規範の話であり、現実適応の話ではない。 一方でプレママに父親を育てよう、という話をするのは、現実適応の手法としても誤っている、と僕は考えているし、だから批判されているのだと思っている。 twitter.com/mentane/status…

「初産のママに伝えるんじゃなくて、パパに直で伝えていこうぜ」ってのはホントその通りなんだけど、Twitter上にはプレパパはほとんどいないのよ。いたとしても既にちゃんとしてる人。 だから「ママがパパを変えるためのヒントなりを発信する事」自体は間違ってはいないと思う。問題はその中身と伝え方

一方で、コンペイさんがこう書いているように、Twitterで届けたい相手に届くかというのは難しいと僕も思っている。 そしてママ垢さんのツイートを拝見していれば分かるように、出産直後でも母親は大丈夫だと思って残業や飲み会をする父親、育児は母親の仕事だと思ってる→ twitter.com/maamiitosan/st…

父親は、リアルでも本当に多い。これは僕自身も反省しなきゃいけない場面がいくつかあった。 ちなみにこの時が一番ひどかった。 twitter.com/gude_chichi/st…

こんなふうに育児垢やってる僕ですが、正直妻との関係があまり良くないです。 いわゆるモラ夫なのかもしれない。 妻の気持ちに寄り添う、ということができない。 妻から、長女とケンカした、次女が泣き止まない、もう無理、というラインが来て今帰宅中です。

何を言っても言い訳に聞こえると思うけど、稼いでこなきゃというプレッシャーもあったし、周囲の雑音もあった。母親は皆やってるんだ、みたいなことも思っていたと思う。 父親同士で啓発しろ、怒れ、という意見も見た。その通りだと思う。思うんだけど、僕は今は、リアルで子どもができた友人に自分の

1 2 3