1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

好景気のときは・・・

好景気になると、眉を太く、真っ赤なルージュを塗る女性が増えると化粧品業界ではささやかれる。

景気と女性が好む口紅の色の関係に「好景気=鮮やかな赤、不景気=淡いローズやピンク」といった傾向

事実、バブル期は赤口紅が流行

バブル期に赤口紅が流行して以来、2012年頃までの約20年間はピンク系の口紅が主流でした。

日本経済が失われた20年を過ごしている間、メイクのトレンドは目元と口元は肌の色に馴染むような「ヌードカラー」

近年では、株価の上昇傾向

アベノミクスで株価が上昇し始めたのと時を同じくして、赤い口紅が2,3年前からよく売れるようになってきている

赤は景気の良さと連動してる?

過去にも、1980年代のファミリアやロードスター、91年発売のアンフィニRX-7など、バブル期には赤い車が売れたそうです。

同じく景気連動が指摘されている

1992年は、すでに景気後退期に突入していたようです。日経平均株価の最高値も1989年の年末なので、株価もピークアウト

リーマンショック自体は2008年の夏ですが、2007年からサブプライムローン問題が発生しています。

ネットでも口コミがチラホラ

SNSを中心に、タピオカがブームになると株価が暴落するというウワサが広がっています。

タピオカブームが不況の前兆ではないかというウワサ話にも、妙な説得力があるように思えてしまいます。

1 2