1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●2018年に結成20周年を迎えた男性デュオ「コブクロ」

2人は、ストリートライブ活動を通じて出会い意気投合。1998年9月にコブクロを結成

ストリートライヴや学園祭などで注目され、2001年にメジャー・デビュー。

・2005年には「桜」がロングヒット

飾らない歌詞とメロディの良さで脚光を浴び、2005年には「桜」がロングヒット。

年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。2006年9月には、初のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」をリリースし、オリコン4週連続1位を獲得

2014年にはNHK「ソチオリンピック」テーマの「今、咲き誇る花たちよ」が話題に。

・2015年には、映画『orange-オレンジ-』主題歌「未来」をリリース

2015年1月からはテレビ朝日系木曜ドラマ『DOCTORS3 最強の名医』主題歌を担当。3月、シングル「奇跡」を発売。

2015年12月、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。

2016年6月15日発売の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。

●そのコブクロ・小渕さんが東京五輪マラソン代表選考レースで国歌独唱

コブクロの小渕健太郎が9月15日に開催された「マラソン・グランドチャンピオンシップ」で、国歌「君が代」を独唱

自身もマラソンランナーである小渕は、2012年に大阪マラソンでフルマラソンを初完走。

大阪マラソンアンバサダーとして、現在まで大阪マラソンに参加しており、自己ベストは3時間37分39秒。

また、2019年に大阪マラソンが新コースになることを記念して、コブクロは公式テーマソングを制作し、秋に発表する予定となっている。

・国歌独唱を受け、一部で「放送事故」などと揶揄する声も上がった

この日、黒いスーツという出で立ちで国歌独唱に臨んだ小渕だったが、出だしから驚くほどの高音で歌い出し、終始音程が不安定な状態でパフォーマンスを終えた。

●そんな中、ギタリスト・布袋寅泰さんがインスタで小渕さん国家独唱に言及

「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」でのコブクロ・小渕健太郎の国歌斉唱が反響を呼んでいることに言及。

1 2 3