1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shibaryoさん

ホットヨガスタジオを探す前に先ずはホットヨガについて知っておきましょう。

1.ホットヨガとは

世界60か国、1500スタジオ以上で愛される「ホットヨガ」。

ホットヨガは、インド人のビクラム・チョードリー氏によって40年以上前にはじめられたヨガです。

一般的には、30〜40度前後の室温と、55〜65度前後の湿度の中で行うヨガとされています。(スタジオやレッスンプログラムによっても環境は多少異なります。)

湿度が低い方が汗はすぐに乾きそうですが、実はすぐに蒸発してしまうと肌が乾燥します。逆に湿度が高すぎると、蒸発されずにベタベタとまとわりついてしまいます。

高温多湿の環境によって筋肉をほぐして体を柔軟化し、ヨガのポーズを行いやすくします。

2.「ホットヨガ」と「ヨガ」の違い

そもそもホットヨガとヨガでは、室温環境や湿度が大きく違うのが特徴です。

ヨガとホットヨガを比較すると、ポージングの違いはほとんどありません。しかし、効果には大きな違いがあります。

効果的なヨガの種類は人によって異なります。ヨガにどのような効果を期待しているかによって、ヨガの種類を選ぶようにしましょう。

ホットヨガは高温多湿の環境で、早い段階から筋肉を柔軟にするため、より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができるという点が挙げられます。

ホットヨガはすでに高温多湿の状態が空間として作られているので、お風呂上がりから運動を始めるのと同じように、柔軟で伸びの良い身体の状態となり、その運動効果が出やすいのです。

3.ホットヨガの効果

ホットヨガによって適度に体を動かす運動習慣自体も肌に良い影響をあたえてくれるので、美しくありたい女性にとってぜひ取り組むべきエクササイズだと言えますね。

体がゆがんでしまっていると内臓が本来あるべき位置からズレてしまうため、ありとあらゆる不調の原因になりかねません。
ホットヨガによって姿勢を改善することで、それらの不調も解消することができるようになります。

ホットヨガのポーズと高温多湿の環境が、体内の血行を促進し手の指や足の指までしっかりと血液が運ばれるようになるため、冷え性の症状が緩和されるようになるというわけです。
また、継続的な運動も冷え性の改善に効果的を発揮してくれます。

女性の中には、汗がなかなか出なくて悩んでいるという方もいますね。体が温まる環境でリラクゼーション効果を高めることができ、また、インナーマッスルを強化することが汗腺を広げて体の機能を整えることができるということにつながります。

ホットヨガを行っていると、とにかくすごい量の汗をかきます。水分補給も充分に行うため、老廃物が出て新陳代謝が良くなるという効果が。ホットヨガ後は心身ともにデトックスされスッキリします。

体内にたまっている毒素を汗と一緒に流すことが可能なため、美肌などの美容効果が高いのも特徴です。

なによりも体感してほしいのは、心の爽快感! ゆったりとカラダを動かしながら、ゆっくり自分と向き合うひととき……

4.ホットヨガの注意点、デメリットってあるの?

ホットヨガの効果で勘違いされがちなものに「ダイエット効果」があります。
ホットヨガは1回のレッスンで消費できるカロリーはそれほど高くありませんが、ヨガの独特のポーズによって体幹が鍛えられることで基礎代謝が高まり、痩せやすくて太りにくい体を手に入れることができるようになります。

サウナや岩盤浴などの「暑い空間」に抵抗がなく、気持ち良く感じられる人はホットヨガに向いているといえます。暑いのが苦手な人は、さらにその中で運動をするホットヨガは嫌になってしまうかもしれません。

高血圧の人・妊娠中の人・怪我や病気が完治していない人・偏頭痛持ちの人はホットヨガはリスクが高まるのでやめておきましょう。

ホットヨガは、あらかじめ室温を高めに設定することで、ゆったりとした動きでもすぐに体温が上昇し、ヨガによる有酸素運動の効果を高めます。ただし、大量に汗をかくので、水分補給はこまめに行いましょう。

効果が実感できるようになるまでに必要な頻度や期間には多少の個人差がありますが、ホットヨガで得られる効果を実感したいのであれば、最低でも週に1回のレッスンを3ヶ月は続けるようにしてください。

1 2